足利家唯一の 太政大臣【足利義満】とは何者?頭脳プレイで南北朝統一したエピソードも!

初代足利尊氏、二代目義詮の後を受けて足利将軍職を継いだ足利義満は、太政大臣まで上り詰め、南北朝統一という手段で混乱の続いていた時代を鎮めました。室町時代はこの義満の時代が最盛期と言われ、豪華絢爛な北山文化の花が開きました。

それにしても、あれだけこじれていた南朝と北朝をどうやって統一したのでしょうか?三種の神器は奪い合いにならなかったのでしょうか?この記事では、南北朝を統一した足利義満の剛腕と頭脳プレーについて解説します。

鹿苑寺が保存する足利義満像

出典:Wikipedia

関連記事

足利義満の生い立ち

足利義満は、足利二代将軍義詮の3番目の男子として生まれました。長兄の死などによって義満は嫡男として育てられますが、安穏と育ったわけではありません。

南北朝の争いは依然として激しく、父のもとを離れ、播磨の赤松則祐、京に戻ってからは斯波義将に養育されました。義詮の死後は、細川頼之を後ろ盾として将軍となります。この時、幕府内は、この細川派と、義満を養育した斯波派に分かれて争っていました。

後に有力大名の圧力によって義満は頼之を罷免せざるを得なくなりました。この頃の将軍は、武家のトップとはいえ思い通りにならないことが多く、義満の将軍初期はバランス感覚を問われる政治状況でした。

さらに南朝の攻勢、興福寺、比叡山などの寺社勢力などとの交渉など、大変な時期でした。

策士としての義満

しかし、将軍となった義満は徐々に策士としての才能を発揮し始めます。京都、鎌倉の五山制度によって寺社勢力を抑え、ついには弱体化に成功します。さらに細川派、斯波派の争いを利用し、土岐康行、山名氏清を討伐します。

策略を巡らし、自らの権力を固めた義満は、父義詮、祖父尊氏をこえる、内大臣、左大臣に昇進します。そして摂関家でさえも逆らえないほどの権力を持ち、日本最高の権力者として君臨します。この頃はすでに貴族達も義満になびく者が多く、義満の満の字をもらう貴族が現れるくらいでした。さらに皇族の常磐井宮満仁親王も満の字を使っています。

しかし、依然として南朝は存在しており、この存在は義満にとってはなかなかどうにもならないものでした。

南北朝の統一

義満は虎視眈々と南北朝の統一を狙っていました。南朝の最大勢力圏である九州には、今川了俊、大内義弘を送っていました。

しかし近畿周辺の南朝勢力には祖父に楠木正成をもつ楠木正勝が千早城を拠点に北朝に攻撃を加えていました。

千早城跡

出典:Wikipedia

楠木正勝の敗走

楠木正勝が拠点として千早城は、祖父楠木正成がこもって鎌倉幕府軍を散々悩ませた名城です。しかし、1392年に畠山基国がその千早城を陥落させます。正勝は吉野に逃れ、正成以来南朝の拠点であった河内国は北朝の手に落ちます。

南朝への懐柔政策

ここで一気に攻勢に出れば南朝の主力は潰せた状況でしたが、義満は違う手段を取りました。敵対する南朝とはいえ、当時の南朝の後亀山天皇は天皇家の血を引いています。潰した後も反乱の芽は残ると考えた義満は懐柔政策をとり、和平交渉を始めます。

南北朝統一のための交渉

統一を目指した義満は、徹底的に南朝をたてる条件を提示します。

足利義満
南朝の後亀山天皇から北朝の後小松天皇に三種の神器を渡していただきましょう。これは譲国の儀です。

つまり、三種の神器を渡し、南朝から北朝へ国を譲ってもらう、という形を取ったのです。一時的とはいえ、南朝の正当性を認めるようなこの条件は南朝方の面目を潰さない方法でした。

足利義満
天皇の位は両統迭立、つまり交互に即位しましょう。

南北朝の争いの初期に戻ったようなこの条件は、あくまで南朝と北朝が対等な立場で統一することを示す条件です。南朝は河内の拠点を失い、劣勢ではありましたが、義満は”対等の統一”をこの条件で演出したのです。

足利義満
領地は、南朝が国衙領、北朝が長講堂領、としましょう。

領地の規模としてはほぼ対等です。ここでも南朝と北朝が対等であるような印象を受けます。

裏に隠された策略

統一の条件は対等を演出していましたが、この後義満の策略によって南朝は一気に衰退します。

譲国の儀は行われましたが、元号はそれまで北朝が使っていた「明徳」を継続しました。南朝を認めるのであれば、元号の変更は必須です。しかし義満はそれを行わず、南朝の面目を潰しました。

両統迭立は義満が動くまでもなく、北朝の後小松天皇が南朝への譲位を認めませんでした。これについては南朝からクレームが出ましたが、義満はそれに対してなんら対処をしませんでした。これによって南朝方から天皇になる事は事実上不可能となりました。

そして領地ですが、南朝に渡された国衙領の中には北朝の領地だったところが多く、南朝方は国衙領に住む北朝方の武装勢力を自分で排除しなければなりませんでした。しかし、弱体化した南朝には各地の国衙領を占拠するだけの武力的な余裕がありませんでした。結局、実際に南朝が領有できた国衙領はわずかでした。

この時の北朝の天皇、後小松天皇も足利家と張り合うだけの力を持った”強い”と言われる天皇だったようです。南北朝の統一時には譲国の儀について「譲られるとは何事か」と抵抗し、義満の思い通りに動かなかったりしました。しかし、両統迭立を天皇自ら反故にするのは義満の計算通りだったようです。

関連記事

南朝の消滅

義満の策略によって、南朝は政治的に完全に力を失うことになります。南朝に属していた貴族達は、朝廷の官職に就ける者は少なく、朝廷の政治的決定の場から南朝方は完全に駆逐されてしまいました。

楠木正勝が敗走したことをきっかけに、武力で一気に押しつぶそうとせずに政治的に押しつぶすという義満の作戦勝ちでした。こうして南朝は歴史の表舞台から姿を消します。しかし、わずかに残った南朝勢力は、北畠満雅、日野有光らが幕府に対して反抗します。

そして、南朝方が最後に歴史に現れるのは、応仁の乱に山名宗全が担いだ西陣南帝(経歴などは一切不明)です。彼も1479年を境に消息が途絶えます。

まとめ

祖父尊氏、父義詮は、南朝と力を持った大名達に苦労しました。そのあおりで、子供の頃に苦労した義満は、南朝と力のある大名の弱体化に熱心でした。そのやり方も、正面からいきなり攻めるのではなく、相手の力を徐々に削ぎ、抵抗してもそれほど大きな争いにならない段階で一気に潰す、というやり方です。

南北朝統一も、まずは南朝をたてて京の朝廷に彼らを引き込み、決定権のある場所に彼らを入れないことで政治的な力を発揮させませんでした。その結果、尊氏、義詮の時代に見られた武士の南朝への寝返りが起こらず、南朝は表舞台から下りるしかなくなりました。

祖父尊氏が興した室町幕府は三代将軍義満の策略と知略によって完成し、日本は文化の成熟期を迎えます。

関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =