平安時代末の天皇【後白河天皇】とは何者?崇徳上皇の争い「保元の乱」についても

何度も権力を奪われながらも、その度に復権を果たした後白河天皇。武士の台頭の時期に、武士の力を利用し、時には自分が利用されながら、最後は鎌倉幕府と朝廷の協調関係を作り上げ、朝廷が政治の場から除外されることを防ぎました。後白河天皇、後白河上皇、後白河法皇と、立場が変わりながら平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍します。

保元の乱で崇徳上皇と激しい権力争いをしたことは知られていますが、後白河天皇が権力を争った相手は、崇徳上皇、平清盛、木曽義仲、そして源頼朝と、いずれも歴史上の大物でした。そんな相手と権力を争う度に、どうやって復活したのでしょうか?

権力と法皇というキーワードですと、白河法皇も大きな権力を握った法皇として有名です。後白河天皇とは別人ですが、後白河法皇と大きな関係があります。

関連記事

後白河天皇、保元の乱で崇徳上皇を追放

後白河法皇の肖像画

出典:Wikipedia

後白河天皇は、近衛天皇の崩御後に中継ぎとして天皇に即位しました。

飾り物の後白河天皇

この時、政治の実権は鳥羽法皇にありました。鳥羽法皇は、天皇時代には白河法皇が権力を握っていた為にほとんど何もさせてもらえませんでした。そのため、白河法皇が崩御すると、自らに権力を集中させていました。

そんな状況の中で、後白河天皇は鳥羽法皇の元でほぼ飾り物の天皇として日々を過ごしていました。しかし、鳥羽法皇が崩御すると情勢が変わります。

保元の乱で崇徳上皇と対立

鳥羽法皇がいなくなったことで、後白河天皇は政治の中心に座ろうとします。しかし、崇徳上皇という鳥羽法皇に天皇の座を追われ、上皇としても押さえつけられていた政治勢力が台頭してくるのです。この時代になると、武士が台頭しており、後白河天皇派、崇徳上皇派双方は武士を味方につけ、武力で相手を押さえつけようとします。

武士の2大勢力である源氏と平氏内部でも、後白河天皇派、崇徳上皇派に分かれ、合戦となります。後白河天皇派は、平清盛、源義朝の活躍によって勝利を収め、崇徳上皇は讃岐国(現在の香川県)に流され、上皇派の主な武士は死刑になります。これで後白河天皇は、最初の権力掌握に成功します。

崇徳上皇が崩御と同時に怨霊となる瞬間を描いたもの

出典:Wikipedia

二条天皇に権力を奪われる

後白河天皇は中継ぎとして即位した天皇です。保元の乱の2年後に後白河天皇は譲位し、二条天皇が即位、後白河天皇は、後白河上皇となります。後白河上皇は、鳥羽法皇、白河法皇のような院政によって権力を握り続けようとしますが、二条天皇派が力を伸ばし、政治的な対立が生じます。

院政とは、天皇が後継者に皇位を譲り、自らは上皇、または法皇となって政治を行うかたちです。
天皇を中心としたシステムから外れるので、権力さえあればそのシステムの中の決まり事を多少無視できると言われています。

この政治的対立に、武士勢力が絡むことによって平治の乱が起きます。この乱の結果は、どちらが勝ったとはっきり言えるものではありませんでしたが、二条天皇側が勢力を伸ばします。後白河上皇は院政を停止されてしまいますが、経済的な力までは弱体化せず、次の機会を待つことになります。そしてこの過程で最も力を付けた勢力が、平清盛を筆頭とする平氏です。

後白河上皇の復権、そして後白河法皇へ

二条天皇が崩御し、六条天皇が即位すると、後白河上皇は藤原氏、そして平清盛を味方につけて息を吹き返します。保元・平治の乱を通じて武力の効果を知った後白河上皇は、味方についた平氏に国家軍事・警察権力を預け、自らの権力基盤を固めます。

そして後白河上皇は出家し、後白河法皇となります。

このころには平氏との協力体制は強固となり、後白河法皇は安定した基盤を背景に院政を行います。しかし、後白河法皇は平氏を完全に制御できず、政治の権力は平清盛に集中し始めます。後白河法皇に権力を取り戻そうとする一派は、鹿ヶ谷の陰謀という疑獄事件で一網打尽にされ、後白河法皇の院政は停止されます。

混乱の時代へ

再び権力を失った後白河法皇は、平氏の厳しい監視下に置かれます。朝廷は平氏の支配下におかれ、「平家にあらずんば人にあらず(平家一門でなければ人ではない)」という言葉まで出ました。しかし、もう一方の武士勢力である源氏が東国で兵を挙げます。

平氏から権力を奪い返す

東国では、関東で源頼朝、甲斐(現在の山梨県)では源信義、信濃(現在の長野県)では源義仲(木曽義仲)が兵を挙げます。戦いは源氏有利に進み、その中で平清盛が病死します。後白河法皇はすぐに復権に向けて動き始めます。清盛亡き後の平氏からの要求を時にははねつけ、時にははぐらかしているうちに、源義仲が北陸を経由して京付近にやってきます。

後白河法皇は義仲らに平氏追討の命令を出し、平氏は安徳天皇を連れて京から西国に逃亡します。これで後白河法皇は復権、そして京には義仲の軍勢が入ります。

水面下で頼朝と交渉

義仲の京都占領によって、後白河法皇は権力を再び手にしました。しかし武力を背景とした義仲の要求に困り始めます。この時、源頼朝は、京を目指すことなく、東国で力を蓄えていました。後白河法皇は頼朝に使いを送り、関東、東北地方の支配権を与えます。

頼朝の弟、源義経・範頼が義仲を滅ぼすと、いよいよ後白河法皇は、平氏追討命令を出します。この頃、後白河法皇は自らの権力基盤を支える者として、頼朝にかなり期待をしていました。この間、平氏の滅亡、頼朝と義経の対立に巻き込まれながらも、後白河法皇は政治権力を維持します。
しかし、この頃は、朝廷内での権力維持ではなく、東国で力を蓄えた頼朝と朝廷との関係構築に必死だったと言われています。

ドラマなどでは、後白河法皇は、源義経を利用して頼朝と敵対させるような老練な腹黒い政治家のように描かれることが多いのですが、実際は義経も武力を背景に後白河法皇に圧力をかけるなどして、お互い様だったようです。

鎌倉幕府との協調関係

源頼朝は京には上らず、東国で着々と力を蓄えていきます。源義仲、平氏が滅び、次は頼朝が京に入ると考えていた後白河法皇の誤算です。頼朝はすでに東国で「独立政権」を作り上げていました。わざわざ京都に行かなくても自分の権力基盤は東国で完成しつつあり、貴族などが介入してくる京都に行く必要がなかったのです。

鎌倉幕府の成立は1192年(いい国作ろう鎌倉幕府)と教科書には書いてあります。これは頼朝が征夷大将軍に任じられた1992年を成立年としているためです。しかし、1180年から1185年あたりまでには、頼朝はすでに東国に政治体制を作り上げていました。現在では、1180年、1185年、1190年などの説があります。

後白河法皇は頼朝と粘り強く交渉を続け、1190年、京で頼朝と面会します。ここに、朝廷と鎌倉幕府が協調して日本を治めるという関係が成立したのです。この関係は、この後承久の乱まで約30年間続きます。そして1192年、後白河法皇は崩御します。

まとめ

後白河法皇の人生は波乱に満ちたものでした。権力を奪われてもその度に取り返し、最後は鎌倉幕府との協調関係を作り上げ、その結果を見届けてから崩御しました。

保元の乱で権力を握る
→ 二条天皇に権力を奪われる
→ 平氏の力を借りて復権
→ 清盛との対立で権力を奪われる
→ 源氏の挙兵を利用して復権
→ 鎌倉幕府からの圧力
→ 粘り強い交渉で協調関係確立

何度も復権し、最後は武家の圧力に耐えて協調関係を作り上げました。後白河法皇は政治家としてかなり優秀だったのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − 10 =