邪馬台国の支配者【卑弥呼】卑弥呼vs神武天皇についてや、弟の存在にもせまります

邪馬台国の支配者として知られている卑弥呼。性別についてよく勘違いされますが、卑弥呼の性別は女性です。邪馬台国の位置はどこなのか(奈良県とする近畿説と福岡県とする九州説が長年唱えられてきています)という日本最古のミステリーとともに語られることも多い人物ですが、年代が弥生時代後期ということもあり、記録はほとんど残っておらず、現在でも諸説が唱えられています。

今回はそんな卑弥呼について当時の天皇であったとされる神武天皇との対立卑弥呼の弟についても探っていきたいと思います。

卑弥呼と邪馬台国についてこれまでにわかっていることと諸説

卑弥呼と邪馬台国

卑弥呼についての記録は日本の歴史書には一切ありません。
日本最古の歴史書が712年に作られた古事記という事は広く知られています。そのため卑弥呼のいた時代に当たる弥生時代の日本については今の中国に当たる魏という国の歴史書の中にある日本についての記述、魏志倭人伝から知るしかありません。

 

魏志倭人伝とは 中国の史書としては初めて倭国(日本)に関するまとまった記述が書かれた、中国史にとって重要な文献。正確には、三国志の一書である『魏志(ぎし)』その第30巻『烏丸鮮卑東夷伝』

 

魏志倭人伝によると、2世紀の後半に倭国では大変大きな戦乱が起こり邪馬台国は大小30カ国ほどの国々が争っていたとあります。しかしここで卑弥呼が女王として即位し戦乱を収めたとしるされています。わかっていることはこの程度であり、なぜ、性別が女性である卑弥呼が女王になったことで戦乱が収まったのか?
などの肝心な部分には記述がなく、今でも謎のままです。

また魏志倭人伝によると卑弥呼は「年すでに長大」とあり、史料の他の部分から推測すると25歳前後であったと思われています。神に仕える巫女で、結婚はしていなかったと記されています。
また卑弥呼は「鬼道(きどう)」と呼ばれる呪術によって、神のお告げを聞く事で国を治めていたようです。そのためか卑弥呼は女王になってからは人前に姿を見せず宮に篭っていたと記されています。


出典wikipedia

卑弥呼の弟の存在

卑弥呼の弟の存在は魏志倭人伝に記されています。これによると女王として宮殿に籠る卑弥呼は近くには弟しか近づけず弟を通して政治を行なっていたそうです。弟の存在についてもわかっていることはこの程度で謎が多いことがわかります。
また卑弥呼が受けた神からのお告げに従い、実際の政治は弟が行なっていたなど、多くの説がとなえられています。

卑弥呼と神武天皇の関係

まず神武天皇ついて簡単に紹介します。神武天皇についての記述は神話として扱われている部分も多いため、ここでは神武天皇は大和朝廷の初代の大王と仮定して話を進めます。現在唱えられている卑弥呼と神武天皇の関係の候補としては

1.邪馬台国を征服、あるいは邪馬台国を征服した勢力を征服したのが大和朝廷であるという説

2.邪馬台国が大和朝廷になったという説

の二つがあります。1の説に従えば邪馬台国と大和朝廷は敵同士ということになりますからお互いの関係は敵国の首長同士ということになります。
2に従うと神武天皇は卑弥呼の一族となり、1とは違い同じ一族という仲間ということになります。

卑弥呼の墓はどこにある?

日本最古のミステリーとして有名な邪馬台国の位置、候補とされている奈良県福岡県にはそれぞれ邪馬台国の跡と思われる遺跡が存在していますが、その遺跡が邪馬台国であるという決定的な証拠が発見されないまま今日至ります。証拠の一つになりうるとされる卑弥呼の墓と、その墓にあるかもしれないとされる魏の国から送られた金印が邪馬台国の位置を確定させる重要なものとなっています。

現在、卑弥呼の墓の候補ととしては奈良県桜井市の箸墓古墳が有力視されていましたが、最近になって福岡県赤村にある丘陵、航空写真で確認するとたしかに前方後円墳に見えます。

これは九州邪馬台国説を後押しするものになるされ、本格的な調査等が行われることが期待されています。またその他の説として静岡県沼津市にある高尾山古墳があります。2008年に発見されたこの古墳は東日本最大級かつ最古級の前方後方墳で、作られた年代等を考えると卑弥呼の墓であることを否定することはできないという結論に至っており、今後さらなる発見が期待されています。

またこれ以外にも卑弥呼の墓ではないかと言われている遺跡は存在していて、徳島市国府町にある八倉比売神社や九州の平原遺跡九州最大・最古級の石塚山古墳久留米の祇園山古墳などが候補としてあげられていますがどの候補も証拠がない状態です。

 

出典:wikipedia

まとめ

卑弥呼についてはわかっていることが少なく、今でも多くの研究者が多くの説を唱えています。なぜ性別が女性の卑弥呼が邪馬台国の女王になったのか?名前すらわからない卑弥呼の弟について、どのような人物だったのか?神武天皇との関係は敵対関係だったのか?それとも同じ一族だったのか?

このような謎一つでも解かれることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − one =