【北条泰時】とは何をした人?御成敗式目についても解説

鎌倉幕府は、たった3代で源氏の将軍が途絶えてしまいました。源氏の将軍が途絶えた後、北条政子が承久の乱で御家人を統率することに成功したことで、北条氏は幕府の実権を握ることになります。幕府の実権を握った北条氏の中でも、教科書に活躍が載っている人物として、北条泰時を挙げることができます。

北条泰時は承久の乱後に3代目の執権として実権を握った人物です。御成敗式目を制定したことが、彼の主な功績として挙げられます。今回は北条泰時の人物像と、彼が制定した御成敗式目の内容を紹介していきます。鎌倉時代に活躍した北条氏について興味がある方も、是非この記事を読んでください。

承久の乱後の執権、北条泰時はどんな人?

北条泰時は多くの人から高く評価された、温厚な人物

北条泰時の肖像画

出典画像:wikipedia

 

北条泰時は、2代目執権の北条義時の長男です。温厚で人徳のある人物として知られていて、武家からだけではなく、民衆や公家からも信頼されていました。そのため後世での評価も高く、泰時の人柄がよく分かるエピソードが残っています。また源頼朝とも関わりがあり、泰時は頼朝から褒美として剣を贈られたことがある、という話が『吾妻鏡』に残っているのです。さらに頼朝と泰時の関係を表しているのが、泰時の幼名です。泰時は鎌倉で元服をした際、源頼朝から1文字もらって頼時と名乗るようになりました。

次の段落では、北条泰時の人徳が分かるエピソードを紹介します。

執権とは、鎌倉幕府で置かれた将軍を補佐し、政務を担当する役職です。
公家とは、朝廷に仕える貴族や上級官人のことです。
吾妻鏡は鎌倉時代にできた日本の歴史書です。

関連記事

鎌倉幕府の3代執権、北条泰時の人柄が分かるエピソード

北条政子の第2子、頼家の肖像画

出典画像:wikipedia

北条泰時は、源頼朝だけではなく源頼家にも仕えていました。源頼家は、蹴鞠に興じ過ぎて幕府の政治を怠っていたことがありました。泰時は、頼家にもっと幕府の政治のこともきちんとするように、と進言したと伝えられています。この時の泰時の年齢は、何と19歳でした。その他にも飢饉が起こった際には、特に被害が大きかった地域の税を免除したり、食料を支給して民衆を助けたというエピソードも残っています。また晩年には自ら道路工事を手伝った、などのエピソードも残っています。

他にも北条泰時の人徳を記したエピソードが多く吾妻鏡に残っていて、彼が民衆や御家人、さらに公家からも慕われていたということが分かるのです。

北条泰時が作った御成敗式目とはどんなもの?

御成敗式目は、日本最古の武家法

北条氏の家紋の画像

出典画像:wikipedia

 

ここからは、北条泰時が制定した御成敗式目の内容について紹介していきます。御成敗式目は、日本で最も古い武家法です。鎌倉幕府が成立して武士の力が大きくなり、承久の乱に勝利したことによって鎌倉幕府の力は朝廷よりも強くなりました。しかし当時の日本には公家法はあっても、武士にきちんと対応することができる法律が無かったのです。そのため、承久の乱の勝利によってさらに力を付けた地頭などの御家人が、承久の乱で敗北した荘園領主と土地の支配権をめぐって争うことが多くなってしまいました。

このような問題を裁くために北条泰時が制定したのが、御成敗式目です。

御成敗式目の主な内容は、

  • 将軍から御家人に与えた土地の支配権の保証
  • 守護の仕事の制限
  • 地頭の仕事の適用範囲

です。御成敗式目が制定されてことによって、守護の仕事は大犯三箇条のみに限定されました。地頭の仕事も年貢の徴収と警察の仕事と明確に決められたのです。北条泰時が制定した御成敗式目は、鎌倉幕府だけではなく室町幕府にも引き継がれています。戦国時代になってから各国の大名が自分の国の法律として定めた分国法も、御成敗式目を参考に作られたものが多いです。北条泰時は鎌倉時代だけではなく、後の世にも影響を与えた人物なのです。

大犯三箇条とは、京都警備の催促と、謀反人・殺害人の逮捕のことです。

北条泰時のその他の功績

北条泰時の墓の画像

出典画像:wikipedia

 

北条泰時には、御成敗式目を制定したこと以外にも功績があります。

  • 六波羅探題の初代リーダーを務めた
  • 評定衆を設置する
  • 連署を設置する

この3つも北条泰時の功績です。北条泰時の努力のおかげで北条政子などの影の権力者がいなくなった後も、鎌倉幕府の政治体制はあまり乱れずに済みました。朝廷に対しては強めの処置を取ることも多かった北条泰時ですが、彼の人徳のおかげで強く非難されることはあまりなかったようです。

六波羅探題とは、鎌倉幕府が承久の乱後に朝廷を監視するために設置した役職です。
評定衆とは、鎌倉・室町時代に置かれた役職です。 鎌倉時代では幕府の最高政務機関として行政・司法・立法をすべて担当しました。
連署とは、鎌倉幕府で置かれた役職です。執権に次ぐ重職でした。

まとめ

いかがでしたか?今回は北条泰時の人物像と、彼が制定した御成敗式目の内容について主に紹介しました。北条泰時は人徳があって御家人だけではなく民衆や公家からも信頼されていた人物です。彼が制定した御成敗式目は、室町時代や戦国時代にも大きな影響を与えています。北条泰時については今回紹介したエピソード以外にも様々なエピソードが残っています。興味がある方は是非調べてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + seven =