【徳川家康】の生涯について分かりやすく!天下統一を果たせた理由に迫る

幼少期を人質として過ごし、その後、織田信長・豊臣秀吉の家臣となり天下統一を果たした徳川家康。約260年以上の長期政権の基礎を作り上げた人物でもあります。

そんな徳川家康は一体どのようにして天下統一を成し遂げたのでしょうか。今回は徳川家康の生涯と天下統一を成し遂げた理由、まエピソードや死因についてご紹介していきます。

関連記事

 

徳川家康の生涯

生い立ち

天文11年(1543年)12月26日、徳川家康は松平広忠(松平氏の第8代当主)とその正室の於大(水野忠政の娘)の長男として岡崎城で誕生しました。

 

両親が離婚

徳川家康が3歳の時、祖父である水野忠政が亡くなり、母・於大の兄である水野信元が水野氏当主となります。当主となった水野信元は尾張国の織田信長と同盟を結びました。

ちょうどこの頃、尾張国の織田信長駿河国の今川氏と対立関係でありました。しかしもともと徳川家康の父・松平広忠は今川氏と仲が良かったのです。夫婦であれども敵対同士となってしまった父・松平広忠は母・於大との離婚を決意し、徳川家康は3歳にして母・於大と生き別れることとなりました。

 

今川氏の人質として駿府へ向かうも、織田氏と人質となる

その後、天文16年(1547年)8月2日、6歳となった徳川家康は 駿河国の今川氏の人質として駿府に送られることとなります。

しかし、人質として駿府に向かう道中、身内の裏切りによって尾張国の織田信秀のもとへと送られることとなったのです。徳川家康はその後の2年間、織田氏の人質として尾張国の加藤順盛の屋敷で過ごすこととなりました。

 

元服と初陣

人質として織田氏のもとに身を置いて2年が過ぎた頃、父・松平広忠が家臣の岩松八弥に裏切られ亡くなります。父を失った徳川家康はその後、今川義元と織田信秀の間で行われた人質交換によって今川氏のもとに返されたのでした。

天文24年(1555年)3月、徳川家康は今川氏のもとで元服を迎えます。16歳となった徳川家康は正室として関口親永(今川義元の姪)の娘である瀬名を迎えました。

永禄元年(1558年)には加茂郡寺部城主・鈴木重との戦いで初陣を飾ります。

 

桶狭間の戦い後、織田信長と清州同盟を結ぶ

永禄3年(1560年)5月、徳川家康が17歳の頃。 今川義元と尾張国の織田信長が対立を起こし、桶狭間の戦いが始まります。この戦いで徳川家康は兵糧の補給を命じられていました。桶狭間の戦いは結果、今川義元の敗北に終わったのでした。

主君である今川義元が亡くなり、1度自害を考えた徳川家康。しかし、生まれ育った岡崎城へと戻り今川氏から独立したのでした。

今川氏から独立を果たした徳川家康は永禄5年(1562年)、もともと対立関係であった織田信長と同盟を結びます。(清州同盟)

織田信長と同盟を結んだ、徳川家康はもともと仕えていた今川氏の領国の攻略に乗り出します。永禄9年(1566年)までには三河国北部を平定し三河国の統一を果たしました。

織田信長織田信長の肖像画画像出典:Wikipedia

関連記事

 

 

「徳川」と改姓

永禄9年(1566年)「徳川」と改姓します。こうして松平元康は「徳川家康」と呼ばれるようになったのです。

 

本格的に今川領の侵攻を進める

永禄11年(1568年)12月6日、甲斐国の武田信玄が今川氏の駿河国に攻撃を仕掛けます(駿河侵攻)。

武田信玄画像出典:Wikipedia

徳川家康はこれを機に武田氏と同盟を結び、遠江国の今川領への攻撃を開始し、遠江国を支配しました。

その後、武田氏との間で今川領国の分割が行われ、東の駿河国は武田領西の遠江国は徳川領と協定が結ばれました。しかし永禄12年(1569年)1月8日、武田氏の家臣・秋山虎繁が遠江国に攻撃を仕掛けてきたため、武田氏との同盟は解消されたのでした。

以降、東海地方において、織田氏は徳川氏・武田氏と同盟関係であるものの、徳川氏と武田氏は敵対する関係となります。

関連記事

 

姉川の戦いで織田信長をサポート

元亀元年(1570年)、徳川家康は生まれ育った岡崎城から遠江国の曳馬に移り、この地を「浜松」と改名しました。

その後も織田信長と同盟関係を結ぶ徳川家康は金ヶ崎の戦い(織田信長vs朝倉義景)姉川の戦い(織田信長vs朝倉義景・浅井長政連合軍)に参加し、織田信長をサポートしました。

 

足利義昭からの誘い

この頃になると織田信長は武田氏との同盟を解消し、織田信長は将軍・足利義昭と対立するようになっていました。足利義昭は反織田派に朝倉義景、浅井長政、石山本願寺をおき信長包囲網を企てます。

この際、足利義昭は徳川家康に対し、副将軍の就任を持ちかけましたが、徳川家康はこれを断り織田信長との同盟を維持し続けました。

足利義昭
副将軍に就任しないか?

関連記事

 

武田氏に惨敗

二俣城の戦い

元亀3年(1572年)10月、武田氏が徳川氏の領国である遠江国・三河国に攻撃を仕掛けます(西上作戦)

徳川家康は織田信長に援軍を要請しましたが、織田信長は信長包囲網への対応に追われており、武田氏と単独で戦うこととなりました。この戦いは二俣城の戦いと呼ばれ、徳川家康は武田氏に降伏することとなります。

 

三方ヶ原の戦い

その後、ようやく織田信長から援軍が送られ元亀3年(1572年)12月22日、また武田氏との間で戦が行われました。この戦いは三方ヶ原の戦いと呼ばれています。

三方ヶ原の戦いにおいて徳川軍は惨敗となり、徳川家康は命からがら戦場から浜松城へと逃げかえることとなりました。

 

肖像画にまつわるエピソード

武田氏に惨敗となった徳川家康。三方ヶ原の戦いの後に描かれたとされる徳川家康の肖像画『徳川家康三方ヶ原戦役画像』には憔悴した徳川家康が描かれています。

実はこの自画像は徳川家康が敗戦の悔しさを忘れないよう自戒のため描かせたと伝えられていますが、真相は分かっていません。

『徳川家康三方ヶ原戦役画像』画像出典:Wikipedia

 

武田氏を滅亡させる

徳川家康を惨敗に追い込んだ武田氏でしたが、翌年、武田信玄が病死したことによって徳川氏、織田氏の勢力は復活を果たし、天正3年(1575年)5月の長篠の戦いにおいて武田信玄の息子・武田勝頼を敗北に追い込んだのでした。

その後、天正10年(1582年)2月、徳川家康と織田信長は本格的に武田領への侵攻を開始し、武田勝頼を自害に追い込み、武田氏を滅亡させたのでした。(甲州征伐)

武田勝頼武田勝頼肖像画画像出典:Wikipedia

 

本能寺の変

天正10年(1582年)6月2日。織田信長が家臣の明智光秀によって謀反を起こされ亡くなります(本能寺の変)。

関連記事

 

明智光秀明智光秀肖像画画像出典:Wikipedia

この時、徳川家康は大阪の堺に出かけていました。徳川家康には数人の小姓がついていただけで、徳川家康もいつ攻撃されてもおかしくない状況でした。そのため徳川家康についていた服部半蔵は

服部半蔵
伊賀国の険しい山道を抜けて、三河国に帰りましょう!

と徳川家康に提案します。これを受け徳川家康たちは伊賀越えをし、命からがら三河国へと帰ったのでした(神君伊賀越え)。

 

大大名となる

三河国へと戻った徳川家康は明智光秀の討伐のため出陣しますが、すでに豊臣秀吉が明智光秀を討った後でした。

その後、織田信長が亡くなり世情が騒然とする中、徳川家康は北条氏が支配する甲斐国を攻撃(天正壬午の乱)します。北条氏と全面対決となりましたが、北条氏は和睦を要求してきたのでした。この際、和睦の条件としてあげられたのが

  • 上野国を北条氏が、甲斐国・信濃国を徳川氏が領有する
  • 徳川家康の次女・督姫が北条直氏に嫁ぐ

といったもので、徳川家康はこの条件を飲み、北条氏と和睦、同盟を結んだのでした。

同盟を結んだのを機に甲斐・信濃・駿河・遠江・三河の計5カ国を所有することとなった徳川家康は大大名となったのでした。

 

小牧・長久手の戦い

織田信長の死後、織田信長の家臣であった羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が権力を持つようになります。

豊臣秀吉豊臣秀吉肖像画画像出典:Wikipedia

羽柴秀吉は織田信長の次男・織田信雄と手を結び天正11年(1583年)、織田信長の家臣であった柴田勝家を破りました(賤ヶ岳の戦い)

しかし、羽柴秀吉と手を結んでいた織田信雄が羽柴秀吉と対立するようになり戦が始まります。織田信雄は徳川家康に助けを求め、徳川家康もまた羽柴秀吉に対抗することとなりました。この戦いは小牧・長久手の戦いと呼ばれています。

結局勝負はつかず、和睦によって戦いは終わりを迎えました。

 

豊臣秀吉に臣従

天正13年(1585年)7月11日、秀吉が関白に就任します。これによって秀吉による豊臣政権が確立したのでした。

秀吉は徳川家康に対し臣従関係を求めましたが、徳川家康はこれを拒み続けました。しかし天正14年(1586年)4月23日、秀吉は実妹・朝日姫(南明院を徳川家康の正室に差し出してきます。徳川家康はこれを受け入れ、朝日姫を正室に迎えるのでした。こうして秀吉と徳川家康は義兄弟となったのです。

天正7年(1579年)に徳川家康の正室・瀬名(築山殿)は亡くなっているため、朝日姫は継室ということとなります。

さらに、徳川家康は次男・秀康を秀吉の養子に出すなどし、徳川家康は秀吉に臣従したのでした。

以降、徳川家康は豊臣政権のもとで活躍するようになります。文禄元年(1592年)から豊臣秀吉によって行われた朝鮮出兵においては徳川家康は朝鮮に向かうことはなく、名護屋城に留まり続けました。

 

豊臣秀吉が亡くなり、五大老筆頭となるも

慶長3年(1598年)、豊臣秀吉が病に倒れます。

豊臣秀吉は自分が亡くなった後のことを考え自身の後継者である豊臣秀頼の補佐役として五大老・五奉行の制度を定めました。この際、徳川家康は五大老の1人に任命されます。

同年8月、豊臣秀吉が亡くなります。

徳川家康は生前、豊臣秀吉から

豊臣秀吉
息子の秀頼が成人するまで政治を家康に託す

と言われていました。そのため徳川家康は五大老の筆頭となったのでした。

しかし、徳川家康は豊臣秀吉が生前、禁止と定めていた大名家同士の婚姻を無視し、身内と大名の婚姻関係をいくつも結ぶようになります。

  • 家康の六男・松平忠輝と伊達政宗の長女・五郎八姫の婚姻を結ばせる
  • 甥・松平康元と福島正之(福島正則の養子)の婚姻を結ばせる
  • 外孫であり養女でもある小笠原秀政の娘と蜂須賀至鎮(蜂須賀家政の世子)の婚姻を結ばせる
  • 叔父・水野忠重の娘と加藤清正の婚姻を結ばせる
  • 甥で養女の栄姫と黒田長政(黒田孝高の嫡男)の婚姻を結ばせる

このような徳川家康の身勝手な行動に五奉行筆頭である石田三成は怒りを見せました。

石田三成
なに勝手な行動をしているんだ!

 

関ヶ原の戦い

こうして徳川家康と石田三成は対立することとなり天下分け目の戦いとなる関ヶ原の戦いが始まりました。

関連記事

 

石田三成画像出典:Wikipedia

徳川家康率いる東軍の主な武将として

  • 福島正則
  • 藤堂高虎
  • 黒田長政
  • 井伊直政
  • 本多忠勝
  • 筒井定次
  • 田中吉政
  • 池田輝政

 

石田三成率いる西軍の主な武将として

  • 島津義弘
  • 小西行長
  • 宇喜多秀家
  • 大谷吉継
  • 戸田重政
  • 小早川秀秋
  • 長束正家

などがあげられています。

関ヶ原の戦いは結果、徳川家康率いる東軍の勝利に終わり、徳川家康は実質天下人となったのでした。

 

征夷大将軍に就任

天下人となった徳川家康は慶長8年(1603年)2月12日、征夷大将軍に就任し、江戸幕府を開きました。

しかし2年後の慶長10年(1605年)4月16日になると征夷大将軍の座を嫡男・秀忠に譲ります。たったの2年で征夷大将軍の座を譲ったのは

徳川家康
これから征夷大将軍は徳川家によって世襲していきますよ。

と世の中にアピールするためでした。

徳川秀忠画像出典:Wikipedia

 

大坂の陣のはじまりとなった方広寺鐘銘事件

慶長12年(1607年)には駿府城い移り、幕府作りに力を注ぎます。

関ヶ原の戦い後、徳川家康は豊臣秀吉の後継者である豊臣秀忠豊臣家に対し臣従を求めていました。しかし、豊臣家は徳川氏に臣従することをずっと拒否していたのです。徳川氏に臣従しない豊臣家は晩年を迎えていた徳川家康にとって最大の脅威でした。

しかし、慶長19年(1614年)徳川家康は方広寺鐘銘事件をきっかけになかなか徳川家に従わない豊臣家の討伐に動き出します。

方広寺鐘銘事件とは豊臣家が再建を進めていた方広寺大仏殿の鐘に「国家安康、君臣豊楽」と刻まれていることに対し徳川家康が

徳川氏家康
「国家安康」という言葉は家康の名前を切り離しているのではないか?これは徳川家を呪い、豊臣家の繁栄を願っているものではないか!

と文句をつけたことによって始まった事件で、この事件が発端となり徳川家と豊臣家が全面対決となった大坂の陣が始まったのでした。

 

大坂の陣で豊臣家を滅亡させる

大坂の陣とは

  • 慶長19年(1614年)11月から12月にかけてに行われた大阪冬の陣
  • 慶長20年(1615年)4月から5月にかけてに行われた大阪夏の陣

この2つを総称したものとなっており、結果、徳川家は豊臣家を滅亡させることに成功します。

 

徳川家康の最期

大坂の陣で豊臣家を滅亡に追い込んだ徳川家康。

京都に滞在していた徳川家康は元和元年(1615年)7月17日、禁中並公家諸法度17条を制定、武家諸法度、一国一城令を制定し徳川家による全国の統一を果たしたのでした。

しかし、翌年の元和2年(1616年)1月21日、徳川家康は病に倒れ、その後同年4月17日、75歳で亡くなりました。

 

徳川家康の死因は?

徳川家康の死因は天ぷらによる食中毒と考えられていました。しかし、徳川家康が最後に天ぷらを食べたのは1月21日とされており、亡くなるまでに時間があることから食中毒を死因にするには少し無理がありました。

『徳川実紀』に「見る間に痩せていき、吐血と黒い便、腹にできた大きなシコリは、手で触って確認できるくらいだった」と記されていることから現在では胃がんが徳川家康の死因であると考えられています。

 

徳川家康が天下統一を果たせた理由

豊臣秀吉に続いて天下統一を果たした徳川家康。徳川家康はなぜ天下統一を果たせることができたのでしょうか。様々な理由があげられていますが、そのうちの3つをご紹介いたします。

 

家臣の扱いに慎重

織田信長の場合:残虐行為、気まぐれな性格から多くの謀反を起こされる

徳川家康と同盟を結んでいた織田信長。

織田信長は清洲三奉行家のうちの織田弾正忠家の当主である織田信秀の嫡男として誕生しました。織田弾正忠家は尾張国守護代・清洲織田氏(大和守家)に仕えていた分家3家のうちの1つであるため立場は弱いものでした。しかし家督相続後、尾張国を統一するまで力をつけます。

尾張国を統一し全国統一を目指した織田信長でしたが、天下統一が近づいてくると長島一向一揆比叡山焼き討ちなど、女、子供、僧侶関係なく殺害するといった残虐行為が目立つようになります。

そして、織田信長の気まぐれな性格、疑い深い性格、執念深い性格から家臣たちから次々と謀反を起こされるようになっていきました。最終的に天下統一を目前にして家臣である明智光秀に謀反を起こされ亡くなります。

家臣には絶対服従を要求していたとされる織田信長。もし、家臣を大切にしていたのなら謀反を起こされることもなく、天下統一をはたせたことでしょう。

 

豊臣秀吉の場合:人たらしな性格から信頼をうける

百姓の木下弥右衛門の息子として誕生した豊臣秀吉。織田信長、徳川家康とは違い百姓出身でした。百姓から松本家の松下之綱の家臣となった豊臣秀吉は松下之綱から兵法などを教わり、優れた人材に成長します。

その後、織田信長の武家奉公人として仕えた豊臣秀吉。そこからは織田信長の家臣として活躍を果たし、百姓から大名へと成り上がることとなり、そして織田信長亡き後天下統一を果たしたのでした。

もともと百姓であり、成り上がりであるため豊臣秀吉のために尽くすといった家臣は初めからいませんでした。しかし、豊臣秀吉の人たらしな性格に惚れた武将は数多くいたのです。中でも竹中半兵衛、黒田官兵衛、石田三成といった武将は豊臣秀吉を厚く信頼し、豊臣秀吉のためによく働きました。

織田信長とは違い、その性格から生前家臣に謀反を起こされるといったことはありませんでした。

 

徳川家康の場合:家臣の扱いには非常に慎重

徳川家康は幼少のころから長くに渡って人質生活を送っていました。

祖父・松平清康と父・松平広忠は共に家臣によって殺害され、徳川家康自身も家督相続後の三河一向一揆において家臣の本多正信らに裏切られます。その後も小牧・長久手の戦い後に重臣・石川数正に裏切られるなど、これまでの経緯から家臣の扱いに関しては織田信長、豊臣秀吉と比較すると非常に慎重なものでした。

常日頃から家臣に気を遣っていた徳川家康。織田信長は能力を重視し家臣を集めていました。一方で豊臣秀吉は、自らの性格や金、領地を使って家臣を集めていたとされています。

徳川家康は織田信長や豊臣秀吉のように家臣を増やすといったことはあまりなかったとされています。徳川家康の家臣の多くは苦労を共にしてきた三河時代からの家臣でした。苦労を共に分かち合ってきたからこそ、家臣との絆は深かったのです。

そんな徳川家康は家臣を登用する際、織田信長、豊臣秀吉と同じく身分出自に関係なく家臣を採用していきました。かつて敵対していた今川氏・武田氏・北条氏の家臣らも自らの家臣に登用するほどでした。

敵対していた者を家臣にすることで、戦法や政策を多く取り入れることができたのです。

 

ライバルから学習する

徳川家康の最大のライバルであった武田信玄。徳川家康は武田信玄に大いに苦しめられてきましたが、徳川家康の行う軍事や政策は武田氏を手本にしたものが多いのです。

天正10年(1582年)に武田氏が滅亡し、武田氏の遺領が徳川家康のものとなると、残された武田氏の家臣たちを自らの家臣として登用しました。これによって武田氏の戦法や政策を取り入れることができたのです。

 

健康維持に徹していた

75歳で病で亡くなった徳川家康。当時としては長寿です。豊臣秀吉も同じく病によって亡くなりました。しかし、豊臣秀吉が亡くなったのは62歳のことです。豊臣秀吉よりも13年も長く生きた徳川家康は実は健康維持に徹底していたとされています。

徳川家康が健康維持のために行っていたことをご紹介いたします。

  • 戦場にいても食生活を崩さなかった。
  • 麦飯を好んで食べ、野菜の煮付け納豆なども積極的に取り入れた
  • 過食はしなかった
  • 酒は強いものの、飲みすぎないように注意していた
  • 生薬に関しては専門家レベルであった
  • 慶長12年(1607年)から本格的に本草研究を行い調合を行っていた
  • 腎臓や膵臓の病に効果のある八味地黄丸を日常服用していた
  • 関ヶ原の戦いの際、怪我を負った家臣に石鹸を使用し消毒させ、感染症を防いだ

徳川家康の行った健康維持が天下統一に繋がったのかは分かりませんが、豊臣秀吉も健康維持を徹底していたら、もしかすると安定し長く続いた豊臣政権を実現することができたのかもしれません。

 

まとめ

徳川家康の生涯や、天下統一を果たした理由、エピソードや死因についてご紹介いたしました。

徳川家康が天下統一を果たせたのは、織田信長、豊臣秀吉に比べ家臣の取り扱いに慎重であったことが1番の理由ではないでしょうか。徳川家康の家臣団には苦労を共にしてきた三河時代からの家臣が多かったとされているので、家臣との絆を重視していたことがわかります。

徳川家康は健康維持を徹底していたとされています。豊臣秀吉も徳川家康と同様に健康維持を徹底していれば、もう少し長く豊臣政権の時代が続いたかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =