摂関政治【藤原道長】とは何者?彼が詠った「望月の歌」の内容についても

「この世をば わが世とぞ思ふ望月の 欠けたることも なしと思へば 」の望月の歌で有名な藤原道長。

藤原道長が詠んだ望月の歌は「この世は自分のためにあるものだ。満月のように足りないものはなにもない。」といった意味の歌です。藤原道長は自身の娘4人を天皇家に嫁がせ、摂政となり権力を掌握しました。摂関政治を進めた藤原道長は自らの息子にも摂政の座を譲り、その後も藤原道長の子孫によって摂関政治は行われていくこととなります。このような経緯があり、望月の歌が詠まれたのですが、藤原道長が成功したのは、正室・側室との間で多くの子供を授かり、その中でも娘4人を天皇家に嫁がせたことが大きいとされています。

今回はそんな藤原道長の生涯や摂関政治、天皇家に嫁いだ娘たちや死因についてご紹介します。

 

藤原道長の生い立ち

康保3年(966年)、藤原道長は京都で誕生しました。

藤原兼家と藤原中正の娘である時姫の五男として誕生した藤原道長には兄に道隆、道兼、姉に超子(三条天皇母)、詮子(一条天皇母)がいたとされています。

藤原道長の父・藤原兼家は藤原師輔の三男として誕生した人物です。

藤原道長の祖父である藤原師輔は村上天皇の時代に右大臣となっており、また娘であり村上天皇の中宮である安子が後の冷泉天皇、円融天皇を出産したことによって、天皇の祖父として実権を握っていました。そのような実力のある家系で藤原道長は誕生しました。天禄元年(970年)摂政・太政大臣である祖父・藤原師輔の兄・藤原実頼が亡くなります。

 

摂政とは天皇が幼い、病弱といった理由で政治活動ができない場合に、代行して政治活動を行う役職のことをさします。一方、関白は成人している天皇の政治活動の補佐を行う場合の役職です。摂政とは異なり、最終的な決断は天皇にあります。

摂政・太政大臣であった祖父の兄・藤原実頼が亡くなると、その後、摂政となったのは祖父・師輔の長男、つまり藤原道長にとって叔父にあたる藤原伊尹でした。しかし、2年後に急死してしまったため、結局、祖父である師輔の次男・兼通が関白となりました。貞元2年(977年)に関白・藤原兼通が亡くなったため、ようやく藤原師輔の三男であり、藤原道長の父・兼家が右大臣に就任となりました。

 

寛和の変

その後、父・藤原兼家は次女・詮子を円融天皇に嫁がせると、2人の間には第一皇子・懐仁親王が誕生します。こうして将来の天皇の祖父となった父・藤原兼家は、天皇の祖父として実権を握ろうと考え、生まれたばかりのまだ幼い懐仁親王を即位させようと三男の三男の道兼(藤原道長の弟)とともに計画を企てました。

その計画は「寛和の変」と呼ばれ、寛和の変によってまだ幼い懐仁親王は即位し一条天皇となったのでした。計画通り、天皇の祖父として実権を握った父・藤原兼家は息子の藤原道長や藤原道兼などを昇進させました。藤原道長も父の計らいで永延元年(987年)には左京大夫、永延2年(988年)正月には権中納言に昇進します。

 

子供の誕生

以前から藤原道長は、左大臣・源雅信の娘・倫子を妻としており、昇進を果たしていた永延2年(988年)頃には長女・彰子が誕生します。また左大臣・源高明の娘・源明子、源簾子、源重光の娘、藤原儼子、藤原穠子 など計6人の女性と関係を持ちました。そのため多くの子供を授かることとなり、最終的に娘4人を天皇家に嫁がせることとなります。

藤原道長が政権を掌握することができたのは、自身の才能だけではなく、4人もの娘を天皇家に嫁がせることができたとい点もあげられます。

 

伊周との対立

正暦元年(990年)摂政を務めていた父・藤原兼家が亡くなります。そのため、藤原兼家の長男で藤原道長の兄である藤原道隆が摂政に就任となりました。しかし、5年後の長徳元年(995年)4月。当時、都で流行していた麻疹によって藤原道隆は亡くなってしまいます。摂政をしていた藤原道隆が亡くなってしまったため次に摂政となったのは藤原道隆の弟である藤原道兼(藤原兼家の四男)でした。

しかし、藤原道兼(藤原兼家の四男)も就任わずか数日で亡くなってしまいます。藤原道長は藤原兼家の五男でもあったため、次に摂政に就任するのは自分だと考えていました。ですが、亡き藤原道隆の嫡男・伊周 も摂政の座を狙っていたのです。これに対し、伊周が摂政に就任すると国が傾くと感じた 藤原道長は伊周と対決する姿勢を見せました。

藤原伊周が描かれた作品出典画像:Wikipedia

伊周
 次の摂政となるのは私だ!
藤原道長
伊周が摂政に就任すると国が傾く!次に摂政になるべきは私だ!

しかし、藤原道長は一条天皇の母后・東三条院(藤原道長の姉)から非常に気に入られており、弟である藤原道長が摂政に就任することを強く望み、その願いを一条天皇は受け入れたため、これによって藤原道長は長徳元年(995年)9月、右大臣に就任することとなりました。

 

左大臣に昇進、内覧に就任する

長徳2年(996年)には左大臣に昇進し、朝廷内での発言権を持ちました。また同時に内覧という職にも就きます。この内覧とは天皇に渡される手紙などを誰よりも先に確認し検閲を行うといった職で非常に重要な役割を持つものでした。

長徳4年(998年)になると、藤原道長は大病を患ってしまいます。そのため一条天皇に対し藤原道長は出家を願い出ました。しかし、一条天皇は藤原道長の出家を許さなかったとされ病気を治癒するよう勧めたとされています。大病を患っても、治癒するまで待つといった逸話から一条天皇は藤原道長を信頼していたということが分かります。

一条天皇

一条天皇の肖像画出典画像:Wikipedia

 

娘・彰子を嫁がせる

藤原道長は長保元年(999年)11月、長女・彰子(源雅信の娘・倫子との娘)を一条天皇に嫁がせます。

藤原彰子の描かれた作品出典画像:Wikipedia

もともと一条天皇には定子と呼ばれる女性が后となっており、2人の間には第一皇子・敦康親王ら息子たちが誕生していましたが、藤原道長は娘・彰子を一条天皇の「中宮」、定子を一条天皇の「皇后宮」とし、娘・彰子を一条天皇に嫁がせました。1人の天皇が2人の皇后を持つことは前代未聞のことであったとされています。

その後、娘・倫子は寛弘5年(1008年)9月、一条天皇との間に授かった皇子・敦成親王を出産し、翌年には敦良親王も誕生します。藤原道長は孫皇子が誕生したことに非常に喜んでいたとされ、その様子は『紫式部日記』に詳しく記されています。

紫式部日記

紫式部日記出典画像:Wikipedia

『紫式部日記』とは、藤原道長から娘・倫子の女房として宮中に来るよう要請を受けた紫式部によって記された日記です。宮中での様子が中心に記されました。

 

娘・妍子を嫁がせる

一条天皇が寛弘8年(1011年)6月、崩御します。一条天皇は崩御する前に、冷泉天皇の息子・東宮居貞親王(三条天皇)に譲位していました。そのため一条天皇亡き後、三条天皇が即位することとなります。

三条天皇

三条天皇の肖像画出典画像:Wikipedia

藤原道長は長和元年(1012)、即位した三条天皇に自身の娘・藤原妍子(正室・倫子との次女)を皇后として嫁がせます。その際、藤原道長は関白に就任するよう勧められましたが、内覧にとどまったとされています。娘を入内させたため藤原道長と天皇家との絆は深まるかと思われましたが次第に対立関係となりました。

そんな中、三条天皇は長和3年(1014年)失明寸前の病に罹ります。藤原道長は対立関係となった三条天皇に対し、目が見えないのでは政務ができないとして、譲位を迫りました。こうして藤原道長から譲位を迫られた三条天皇は藤原道長の圧力に負け、長和5年(1016年)正月、東宮敦成親王に譲位し、譲位された東宮敦成親王は後一条天皇となりました。

東宮敦成親王(後一条天皇)とは藤原道長の娘・彰子と一条天皇の間に誕生した第二皇子です。つまり藤原道長は後一条天皇のおじいちゃんということとなります。

 

摂政に就任、息子に摂政の座を譲る

天皇の祖父となった藤原道長は摂政に就任し、天皇の代わりに政治主導権を握りました。しかし、翌年になると摂政を息子・藤原頼通に譲りました。これは、後継体制を固めるためでした。

寛仁元年(1017)5月に三条上皇が崩御すると、藤原道長は娘・寛子(藤原道長と源明子の三女)を敦明親王(三条上皇と藤原娍子の子)に嫁がせました。 
また寛仁2年(1018)、正室との間に誕生した三女・藤原威子を11歳を迎えたばかりの後一条天皇の后として嫁がせます。

 

望月の歌

娘・藤原威子が後一条天皇に嫁いだ際に開かれた祝いの席で藤原道長は

藤原道長 
「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることも なしと思へば」この世は自分にあるためのようだな。満月のようになにも足らないものはない。
と詠いました。この歌は望月の歌と呼ばれています。これまでに娘3人を入内させ、また権力を握ってきた藤原道長にとって、この世とは自分の思い通りに進むものだったのです。

 

死因について

寛仁3年(1019年)3月、藤原道長は病を患い、出家します。その後、寛仁5年(1021年)になると 末女・嬉子(正室・倫子との末女)も東宮敦良親王に嫁ぎ、2人の間には親仁親王(後の後冷泉天皇)が誕生しました。出家した藤原道長は自身が建立した法成寺に移り住みましたが、

  • 藤原寛子
  • 藤原嬉子
  • 藤原顕信
  • 藤原妍子

4人の娘に先立たれってしまったため、寂しい余生を過ごしていたとされています。

法成寺址

法成寺址の写真画像:Wikipedia

こうして万寿4年(1028)、藤原道長は62歳で亡くなりました。死因は癌または糖尿病であったとされています。

 

摂関政治

藤原道長が摂政に就任したのは約1年と短い期間の間だけです。またこれまでに藤原道長は関白になるように勧められていました。しかし、藤原道長はこれを断り続けてきました。

その理由としてあげられるのは内覧という職が関白よりも事実上権限を持っていたからです。
内覧とは先ほども述べたように、天皇に渡される書物などに先に目を通し検閲する役目を持つ職です。つまり、天皇よりも先に書物に目を通すことができるため、気に入らないことは天皇に伝えなくてもいいという権利がありました。それに対し、関白という役職は天皇の政治補佐を行う役職であるものの、決定権は天皇にあり、政治権力を握ることはできませんでした。

そこで、藤原道長は肩書でしかない「関白」ではなく、権力の強い「内覧」を選んだのです。そのため関白の就任を断り続けたのでした。しかし、藤原道長は関白になっていないものの、関白のように実権を握りました。そんな藤原道長が記した日記『御堂関白記』は国宝に指定されるほど有名な作品です。

御堂関白記画像:Wikipedia

 

関白になっていないものの、関白のような権力を持っていたということから『御堂関白記』と呼ばれるようになったとされています。『御堂関白記』と呼ばれるようになったのは江戸時代以前からです。

 

まとめ

いかがでしたか?藤原道長の生涯についてご紹介しました。藤原道長は「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることも なしと思へば」この世は自分のためにあるものだ。満月のように足らないものはなにもない。と詠んだほど、朝廷内で権力を掌握することができた人物でした。権力を握ることができたのは、自身の実力だけではなく、天皇家に自身の娘4人を嫁がせることができたのが大きいでしょう。

子供をたくさん授かったこと、その中でも女子が多かったことが、藤原道長の成功につながったのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − two =