飛鳥時代の天皇【中大兄皇子】らが行った政治改革(大化の改新)について調べてみました

飛鳥時代の有名な事件、乙巳の変をご存知ですか?乙巳の変は、後に天智天皇となる中大兄皇子が中臣鎌足と協力して、この時代に政治権力を握っていた蘇我入鹿を暗殺した事件です。蘇我入鹿の暗殺に成功した中大兄皇子と中臣鎌足は孝徳天皇を天皇に即位させ、自らは皇太子となって政治改革を行いました。この一連の政治改革を、大化の改新と呼びます。

大化の改新によって、この時代の政治的権力は豪族中心から天皇中心に変化しました。中大兄皇子と中臣鎌足の努力なしには、後の天皇中心の政治は中々実現しなかったのです。今回は天智天皇になる中大兄皇子が活躍した大化の改新を、詳しく説明していきます。

大化の改新は、乙巳の変から始まった

乙巳の変の目的は、蘇我入鹿を暗殺すること

乙巳の変を描いた絵巻の写真

出典画像:wikipedia

 

乙巳の変が起こる前、皇族として政治的な権力を握っていたのは、聖徳太子でした。

聖徳太子が死去すると、蘇我氏の権力は皇族の権力を凌駕するほど大きくなってしまいました。蘇我氏の権力がどれほど大きかったかというと、他の豪族達が出仕せず、ほぼ蘇我一族だけが占めていたほどです。さらに蘇我一族の中でも特に権力を握っていた蝦夷は、病気を理由にして朝廷の許可なく入鹿を大臣にして、次男を物部の大臣に即位させています。

中大兄皇子と中臣鎌足の出会い

中臣鎌足の写真

出典画像:wikipedia

蘇我氏の横暴には目に余るものがあり、中臣鎌足は蘇我氏を討伐する計画を立てていました。そんな中臣鎌足が、皇族で同じく蘇我氏を憎んでいた中大兄皇子とひょんなことから知り合うことになります。

 

2人の出会いは、法興寺の打毬でした。打毬をしているときに中大兄皇子の靴が脱げてしまい、中臣鎌足が丁重にその脱げた靴を中大兄皇子に返しました。そのことがきっかけで、2人は知り合って話をするようになったのです。中大兄皇子と中臣鎌足は南淵請安が開いていた私塾に通っていて、そこに通う際に蘇我氏を討つ計画を立てていたとされています。そして、彼らは有力な協力者を得ることができました。

その人は、蘇我一族の長老である蘇我倉山田石川麻呂です。

蘇我入鹿の暗殺

蘇我入鹿の首塚の写真

出典画像:wikipedia

 

蘇我入鹿の暗殺を企てていた中大兄皇子と中臣鎌足に転機が訪れたのは、645年のことです。この年には、新羅、百済、高句麗の3国から使者が来日することになっていました。他国から使者がやってくるため、当然蘇我入鹿も朝廷に顔を出すことになります。中大兄皇子は、3国からの朝貢の儀式の際に、蘇我入鹿を暗殺することを決意したのです

そして、中大兄皇子は自ら蘇我入鹿に襲い掛かります。中大兄皇子の勇気に鼓舞されて、蘇我入鹿の暗殺は成功することになりました。

実は、中大兄皇子は最初から自分の手で蘇我入鹿を手にかけようとしていたわけではありませんでした。入鹿を暗殺する役目を担っていた人物は2人いたのですが、2人とも恐怖のあまり蘇我入鹿に斬りかかることができなかったのです。

乙巳の変後の大化の改新

天皇中心の政治体制を整える

天智天皇の写真

出典画像:wikipedia

乙巳の変で蘇我入鹿暗殺が成功すると、皇極天皇が退位して中大兄皇子に皇位を譲ろうとする動きがありました。しかしこのまま天皇になってしまっては、中大兄皇子が天皇になるために乙巳の変を起こした、と考えられてしまう可能性があります。そのため中大兄皇子と中臣鎌足は、中大兄皇子の皇弟である軽皇子を即位させて孝徳天皇とし、中大兄皇子は皇太子となったのです。

さらに新しい政治体制を整えるため、新しく左右の大臣2人と内臣を置きました。それだけではなく、唐の律令制度を運営する知識を得るために国博士も置いています。この時の左大臣には阿部内麻呂が、右大臣には蘇我倉山田石川麻呂が、内臣には中臣鎌足が、国博士には高向玄理と旻が就任しました。このように体制の整備の他にも、大化の改新では人々の生活にも関わってくる政治改革が行われていきます。

大化の改新で行われたその他の改革

百人一首の天智天皇の札の写真

出典画像:wikipedia

 

大化の改新の内容としてよく知られていることは、主に5つです。

その5つは

  • 年号の制定
  • 公地公民の制の施行
  • 班田収授法の施行
  • 租庸調の制定
  • 国郡里の制定

です。現在でも使用されている年号。日本最古の年号は、大化です。公地公民の制は、民衆に私有地を持つことを禁止した制度です。私有地を持つことを禁止し、土地は全て天皇のものとすることで、天皇の権力を示そうとしました。天皇が全ての土地の所有者となったことで、農民は天皇から借りた土地で農作業をするようになりました。

そして、農民に土地を借りている分だけきちんと天皇に税を納めることを定めたのです。これが、班田収授法になります。租庸調に関しては、大化の改新の前にも租として米を納めさせる制度がありました。大化の改新では、租の他にも庸(労働)と調(地方の特産品)を納めることを定めています。

最後の国郡里については、日本の土地を国・郡・里の3つに分け、それぞれを役人に監視させるようにした制度です。このようにして中大兄皇子と中臣鎌足の2人が協力して天皇中心の政治を作り上げてきた流れが、大化の改新と呼ばれるようになりました。

まとめ

いかがでしたか?今回は飛鳥時代に行われた政治改革、大化の改新について紹介しました。天智天皇となる中大兄皇子は、中臣鎌足達の協力を得て大化の改新を成功させました。大化の改新の内容には、現在でも受け継がれているものもあります。

今の制度の基礎となったものが、いつの時代に作られたものか調べてみるのも興味深いかもしれません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 12 =