戦国武将【織田信長】どんな性格だったの?生い立ちや名言も紹介!

桶狭間の戦い、姉川の戦いなど数多くの戦を経て天下統一を果たしたのち、家臣の明智光秀に裏切られ亡くなった織田信長。

知らないという人はいないのではないでしょうか?「泣かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」と歌われるほど、信長の性格が残虐的であったとされていますが、実は弱者に優しい、家臣を大事にしていたなどの優しい一面も持っていました。

織田信長という天下人はどのような生い立ちで一体どのような性格であったのでしょうか。今回は織田信長の生い立ちや経歴、濃姫との関係性や残虐的とされる性格、名言についてご紹介いたします。

関連記事

織田信長の生い立ち

戦国時代の天文3年(1534年)5月12日、織田信長は清洲三奉行家のうちの織田弾正忠家の当主である織田信秀土田御前の嫡男として現在の愛知県愛西市勝幡町と稲沢市平和町六輪字城之内に跨る勝幡城で誕生しました。

清洲三奉行家とは尾張国守護代・清洲織田氏(大和守家)に仕えていた奉行三家のことです。尾張守護代である織田氏はもともとは斯波武衛家の家臣でしたが、応仁の乱以降に清州織田氏、岩倉織田氏に分裂しそれぞれ戦国大名化となりました。その清州織田氏に仕えていたのが清洲三奉行家と呼ばれる因幡守家、藤左衛門家、弾正忠家です。

尾張国内において勢力を急拡大していた父・織田信秀はまだ元服前の信長に那古野城を譲ります。

信長は12歳となった天文15年(1546年)、古渡城で元服を迎え「三郎信長」と名乗るようになります。翌年には今川氏との小競り合いで初陣を果たしました。

濃姫との結婚

天文17年(1548年)あるいは天文18年(1549年)頃、 14歳または15歳の信長は濃姫と結婚します。

濃姫
濃姫像画像出典:Wikipedia

信長の父・信秀は美濃国の 戦国大名・斎藤道三ともともと対立関係でありました。しかし、両者の間で和睦が結ばれたため、その証として斎藤道山の三女・濃姫と政略結婚が交わされることとなったのです。この時、濃姫も信長と同じく14歳であったとされています。

濃姫と結婚したことにより織田弾正忠家の当主を父にもつ信長は織田弾正忠家の継承者になる可能性が高くなり、天文21年(1552年)3月に父・信秀が亡くなったため、信長は織田弾正忠家の家督を継ぐこととなりました。

関連記事

家督継承後

18歳で家督を継いだ信長でしたが、若い当主に尾張国内の勢力を維持するほどの実力はありませんでした。また当主になったばかりの信長には清須城の尾張守護代・織田大和守家という敵対勢力がいました。それだけではなく、当主を狙っていた弟・信行も織田弾正忠家にはいました。

弘治1年(1555年)信長は敵対していた尾張守護代・織田大和守家出身で清州城城主・織田信友を討つと清須城を居城とします。

実弟・信行を殺害

弘治2年(1556年)4月、妻・濃姫の父である斎藤道山が斎藤義龍(斎藤道山の長男)との間におきた長良川の戦いで戦死します。信長は斎藤道山の救援に向かいましたが、斎藤道山を討ち取った義龍軍に苦戦することとなり撤退することとなりました。

斎藤道山斎藤道山肖像画

画像出典:Wikipedia

当主を狙っていた信長の弟・信行は信長の有力な見方であった斎藤道山の死をチャンスと考え、林秀貞(通勝)・林通具・柴田勝家とともに信長に挙兵しました。

織田信行
斎藤道山が戦死したぞ!今がチャンスだ!

しかし、信長によって信行は返り討ちにあい、弘治3年(1557年)11月2日、信長の命を受けた河尻秀隆らによって殺害され亡くなりました。(稲生の戦い)

尾張の当主となる

その後、信長は同じく織田弾正忠家の犬山城主・織田信清とともに協力し織田伊勢守家(岩倉織田家)の当主・織田信賢を浮野の戦いで討ち取り、本拠地・岩倉城を陥落させました。

これによって尾張を統一した信長は一国の当主となりました。

桶狭間の戦いと清洲同盟

永禄3年(1560年)5月、駿河国、遠江国、三河国を支配していた戦国大名・今川義元が尾張国に侵入してきたため信長は今川義元を討ち取ります。(桶狭間の戦い)

桶狭間の戦いの後、今川氏が支配していた三河国の松平氏が謀反を起こしたため、今川氏は勢力を落としていくこととなります。これをチャンスとみた信長は今川氏の支配から独立した三河国の徳川家康と手を結び同盟を組みました。(清洲同盟)

徳川家康

徳川家康肖像画画像出典:Wikipedia

妹・お市を嫁がせる

妻・濃姫の父・斎藤道山亡き後、信長と斎藤氏の関係は険悪なものとなっていました。斎藤道山の後を継いだ斎藤義龍(斎藤道山の長男)が亡くなり、その嫡男である斎藤龍興が斎藤家を継ぐと、信長は斎藤氏を攻め森部の戦いで勝利します。

同じ頃、信長は斎藤氏への追い込み強化のため北近江の浅井長政と同盟を結んでいました。その際、同盟の証として、自身の妹・お市を浅井長政に嫁がせます。

お市お市肖像画画像出典:Wikipedia

足利義昭からの上洛要請

永禄8年(1565年)5月、畿内で勢力を誇っていた三好義継、三好三人衆(三好長逸・三好宗渭・岩成友通)・松永久通らが対立していた将軍・足利義輝を殺害します。永禄の変)

殺害された足利義輝の弟・義昭は畿内から脱出すると諸大名に上洛の協力を要請するのでした。

足利義昭
みな、上洛してくれ!

この要請を受けた信長は上洛の約束を交わしました。しかし、永禄9年(1566年)8月、再び斎藤氏との対立が悪化したため自身の領国の安全を優先し、斎藤氏との戦闘を再開させました。

足利義昭

足利義昭肖像画画像出典:Wikipedia

信長が斎藤氏との戦闘を優先させた結果、近江国の屋島にいた義昭は若狭国まで追いやられ、また信長も河野島の戦いで大敗するという屈辱を味わうこととなりました。「天下之嘲弄」と評価されてしまった信長は、名誉回復のため斎藤氏の排除、上洛の実現を目標に置くようになります。

上洛をはたす

永禄11年(1568年)9月7日、信長は上洛します。この頃になると三好義継や松永久秀らは義昭に味方するようになっており、反義昭勢力であった南近江の六角義賢・義治、三好三人衆を突破し、信長は畿内を平定しました。

畿内を平定した信長は永禄12年(1569年)1月、将軍となった義昭のために大規模な御所を二条に建てるなどしましたが、一方で義昭の権力を制限するための『殿中御掟』を結ばせるなどします。しかし、この『殿中御掟』で信長と義昭が対立するようなものではなく、この時はまだ、お互いを利用するような関係性であったとされています。

姉川の戦い

その後も信長は家臣の木下秀吉(後の豊臣秀吉)に命じて但馬国を攻めさす、伊勢国を攻略するなど周辺諸国の攻略を行います。

木下秀吉(後の豊臣秀吉)豊臣秀吉肖像画画像出典:Wikipedia

元亀元年(1570年)6月、信長に抵抗していた朝倉義景に妹・お市が嫁いだ浅井家が寝返ったため徳川軍とともに浅井氏を追い込みます。

この戦いは姉川の戦いと呼ばれ、朝倉氏・浅井氏を敗走に追い込みました。

姉川の戦いに勝利した信長は挙兵した三好三人衆を討つべく出陣しますが、石山本願寺もまた信長に挙兵し、信長は劣勢に追い込まれることとなります。(野田城・福島城の戦い)また伊勢国では門徒が一揆を起こし、信長の実弟・織田信与(信興)が追い込まれるなどの悲運が続きます。(長島一向一揆)

延暦寺焼き討ち

姉川の戦いのあと、信長と対立していた浅井・朝倉軍の兵は比叡山の延暦寺に匿われていました。それを知った信長は延暦寺に対し浅井・朝倉氏と手をきるように要求しますが、退避勧告に従わなかったため元亀2年(1571年)9月、延暦寺を焼き討ちにしました。

延暦寺焼き討ちが描かれた絵本太閤記延暦寺焼き討ち画像出典:Wikipedia

足利義昭と決別、室町幕府の滅亡

元亀3年(1572年)12月から翌年の正月にかけて信長は足利義昭に17条からなる異見書を送ったとされています。この詰問文によって両者の関係は悪化し始め、元亀4年(1573年)武田信玄率いる武田軍が三河国に侵入した(野田城の戦い)を機に両者は完全に決別状態となりました。

そして元亀4年(1573年)7月、信長は二条御所や山城守護所に籠城していた足利義昭を破り追放し、これにて室町幕府は滅亡となりました。

朝倉氏・浅井氏を滅ぼす

足利義昭を追放した信長は長く続く朝倉・浅井氏との戦いに決着をつけるべく動き出します。3万の軍勢を率いて北近江へ出兵した信長は自ら指揮をとり朝倉義景を討ち取りました(刀根坂の戦い)(一乗谷城の戦い)

その後、小谷城にいる浅井久政、浅井長政(自身の妹・お市の夫)を自害に追い込み、また長政の嫡男・万福丸(生母不明)を処刑し浅井氏を滅ぼしました。

浅井長政浅井長政肖像画画像出典:Wikipedia

長篠の戦い

天正3年(1575年)4月、甲斐国の武田氏が織田・徳川領に侵入を繰り返したため、信長は徳川軍とともに武田軍に攻撃をしかけます。

この戦いは長篠の戦いと呼ばれ、織田・徳川連合軍の勝利に終わりました。

長篠の戦い長篠の戦い画像出典:Wikipedia

安土城の築城

天正3年(1575年)11月、信長は権大納言、右近衛大将に任命されます。

官位に就任した信長は天皇や朝廷の権威を利用しながら自身の存立基盤を築いていきました。天下人となった信長は天正4年(1576年)1月、琵琶湖の近くに安土城を築城します。3年後の天正7年(1579年)には完成したとされ、岐阜城を嫡男・信忠に譲り、安土城に移り住みました。

安土城安土城図画像出典:Wikipedia

信長による天下統一事業

その後も信長の天下統一事業は進み、天正8年(1580年)1月には羽紫秀吉(後の豊臣秀吉)による三木城の開城、長く続いた石山本願寺との和睦などがあり畿内は信長によって平静を取り戻しました。

信長はその後、天正9年(1581年)2月28日に京都で大規模な馬揃えを行います。この馬揃えは信長軍団の武威を示すもので、この馬揃えによって織田家が天下を掌握したということが内外に知らされることとなりました。(京都御馬揃え)

織田信長
天下は織田のものだ!

天正10年(1582年)2月1日、武田信玄の三女・真竜院の夫である木曾義昌が信長に寝返ります。これを受け信長は武田領への侵攻を本格的に始めました。同年3月11日、信長の家臣・滝川一益が武田勝頼・信勝父子を自害に追い込み、これによって武田氏は滅亡となりました。

武田勝頼武田勝頼肖像画画像出典:Wikipedia

織田信長の最期

天正10年(1582年)5月、信長は備中高松城の毛利軍と対峙していた羽紫秀吉から援軍の要請を受けたため、信長は上洛します。しかし、突如、家臣である明智光秀が京都の本能寺にいる信長を裏切り、攻撃をしかけてきました。

明智軍に必死に抵抗するも、圧倒的な兵力を持つ明智軍には敵わず信長は自ら本能寺に火を放ち自害し49歳で亡くなりました。(本能寺の変)その後、信長の遺体は発見されなかったとされています。

織田信長
光秀、裏切ったな!

明智光秀明智光秀肖像画画像出典:Wikipedia

織田信長の性格

「大うつけ」と呼ばれていた

少年時代、信長は派手な服装で栗や柿、瓜を食べながら街を歩く、実父・信秀の葬式で位牌に向かって抹香を投げるなどの奇行があったと『信長公記』に記されています。

『信長公記』とは戦国時代から安土桃山時代の史料で、織田信長の一代記です。著者は信長の旧臣・太田牛一とされています。

このような理解しがたい奇行から「うつけ者」と呼ばれていました。腹違いの兄弟の方が優秀であるということから家督を継がせることに反対していた家臣もいたとされています。

織田家の家臣
本当に家督を継がせていいものか…?

この信長の奇行は信長の天才性の象徴とされてきました。しかし、成人した信長はこのような奇行は行わなかったとされています。

残虐的な性格

信長は自身に敵対する者を容赦せず殺害する、必要以上の残虐行為を行うことで有名です。またただ自身に敵対していたから殺害、残虐行為を行っただけではなく、うっぷん晴らしのために殺害、残虐行為を行ったという事例もありました。

その一例として男女2万人の焼殺を行った長島一向一揆、女、子供、僧侶関係なく3000人から4000人の死者数を出した比叡山焼き討ちなどが挙げられます。

家臣に対し絶対服従を求めた

信長は松永久秀、荒木村重、別所長治、明智光秀といった家臣たちに謀反を起こされています。

松永久秀、別所長治、荒木村重が信長を裏切ったのは信長の気まぐれな性格、疑い深い性格、執念深い性格が原因であったとのではと考えられています。また信長は家臣たちに絶対服従を求め、それを拒むことは許されなかったとされています。

一方で家臣たちの意見はある程度尊重していた、家臣の扱いは慎重であったなどの異論もあります。

弱者の保護、身分の低い者との交流

残虐的な性格が目立つ一方で、信長は障害を持つ不労者のために小屋を建ててやったという記録が『信長公記』に残されています。残虐的な性格を持ち、家臣には厳しい一面を見せる一方で弱者を保護するといった一面もありました。

また相撲好きであった信長は安土城などで大規模な相撲大会を開いていたとされ、相撲大会で優秀な成績を修めた者は身分関係なく織田家の家来に登用するなど、身分の低い者との交流も行っていました。

子供に恵まれない秀吉の妻・ねねに対し

豊臣秀吉の正室・ねねは子供に恵まれませんでした。そんなねねに秀吉は辛く当たっていたとされています。信長はねねが秀吉から強く当たられているということ、秀吉の浮気に悩まされているということを知ると、奥方らしく堂々とするようにといった励ましの手紙を送ったとされています。

残虐行為が目立つ一方でこのような優しい一面もありました。

ねねねね肖像画画像出典:Wikipedia

名言

信長の有名な名言をご紹介いたします。

  • 必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。
  • 理念を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けていると言えよう。そのような者は廃人と同じだ
  • 人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を受け 滅せぬもののあるべきか

 

最期の「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を受け 滅せぬもののあるべきか」は幸若舞で演じられる「敦盛」の一節です。

織田信長の名言ではありませんが、永禄3年(1560年)5月19日、信長は今川義元との戦である桶狭間の戦い直前に「敦盛」を舞いました。

「敦盛」のこの一節は、人間の一生は所詮50年に過ぎない。天上世界の時間に比べたら夢や幻のように儚い。命あるものは全て滅びてしまうものだ。という意味です。やむなく若い平氏の公達・平敦盛を討ち取ったものの、世の無常を感じ出家した際に熊谷直実が「敦盛」の中で詠んだものとされています。

しかし、信長は

織田信長
所詮人間は50年ほどしか生きられないのだから、決死の覚悟を持って思い切って行動してみよう。

という気持ちを持って桶狭間の戦い直前に「敦盛」のこの一節を舞ったのではないか?と考えられます。それだけ信長は覚悟を持って桶狭間の戦いに挑んだのです。

まとめ

織田信長の生い立ちや経歴、また性格や名言についてご紹介いたしました。

桶狭間の戦い、姉川の戦い、比叡山焼き討ち、長篠の戦いなど数多くの有名な戦を経て信長は天下統一を果たしました。天下統一後も天下統一事業を進めていた信長でしたが、その最中、家臣・明智光秀によって裏切られ49歳で亡くなります。

そんな信長は残虐的な性格で気まぐれ、疑い深い性格、執念深い性格であったと考えられていますが、一方で弱者を保護する、身分関係なく人々と触れ合う、子供に恵まれないねねに励ましの手紙を送るなどの優しい一面もありました。

本能寺の変で自害し亡くなった織田信長。明智光秀に裏切られなければ日本史は大きく変わっていたのかもしれませんね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =