戦国後期の合戦【関ヶ原の戦い】の真実!裏切者とは?わかりやすく解説します

戦国時代の終わりを告げた関ヶ原の戦いは、西軍石田三成と、東軍徳川家康の間で行われました。諸説ありますが、東軍は7万数千から10万数千、西軍は8万から9万と言われています。この合戦は小早川秀秋などの裏切り者が多数出た事も有名です。

多くの映画、ドラマで題材となる合戦ですが、ストーリー上の脚色などによって、史実ではない事が描かれたりすることもあります。

この記事では、関ヶ原の戦いの布陣、戦力などを史実に基づいて詳しく解説します。

関ヶ原合戦屏風

出典:Wikipedia

関連記事

関ヶ原の戦いの原因

関ヶ原の戦いの原因を探る時、どうしても徳川家康と石田三成の対立に目がいきがちです。

まずは家康と三成が対立し、他の大名がそれぞれに味方した、という印象で語られる事が多いのですが、実はもっと複雑な原因が絡みあっていたと考えられます。

その対立を利用して、家康、三成はそれぞれの目的を達成しようと考えていたため、結果として関ヶ原の戦いが起きたという考え方もあります。

関連記事

中央集権化を狙う三成

秀吉というカリスマ性のあった天下人が亡くなり、豊臣家は幼い秀頼に託されます。当然幼い秀頼にはまだ天下人としてのカリスマ性はありません。

そのため、三成を中心とした奉行衆(増田長盛など)は、中央集権化、つまり権力を大坂城の豊臣家に集中させ、地方の大名の力を削ぐ事を考えていた可能性があります。

諸大名の領地の中に豊臣家直轄領(豊臣蔵入地)を設定する、大名同士の婚姻関係を制限するなどの政策がこれにあたります。

その場合、毛利、島津などの確固たる地盤を持つ大名はそれほどの影響を受けません。島津家は九州でのしあがり、毛利家は中国地方でのし上がっています。つまり、出身地でのし上がって、その地域を領地としていた大名は地盤がしっかりしているのでそれほどそういった政策も気にならないでしょう。

しかし、秀吉から領地を与えられた大名の多くは、その地域を秀吉から与えられただけで、経済的基盤などをこれから充実させなければならない状態だったと思われます。

そこへ、中央集権化政策によって地方の力が削られ始めるとその政策に対する反感は出てくるでしょう。そういう不満を持つ大名、福島正則、黒田長政などを家康は利用したのではないでしょうか。

豊臣家臣団の内部分裂

豊臣家臣団の中で、分裂が生まれる大きな要素があります。一つは朝鮮出兵です。石田三成、増田長盛らの後方支援組と、加藤清正、黒田長政らの前線部隊の間には対立があったという説です。

この対立は、武勇に優れた家臣団と、政策に優れた家臣団の対立というわかりやすさもあって支持されてきました。この後、徳川政権下で、武勇派の大久保氏と政策派の本多氏の対立があり、わかりやすい対立の構図です。

しかし、実際の所は、この対立を証明する資料に乏しく、状況的証拠のみの説となっています。いずれにしても、一つ二つの原因ではなく、秀吉の死によって起こり始めた事柄が複雑に絡み合って関ヶ原の戦いにいたったのではないでしょうか。

関ヶ原の合戦にいたるまでの流れ

上杉景勝の征伐のために徳川家康は、会津を目指して大軍を率いて東に向かいます。大坂では、三成らが宇喜多秀家、大谷吉継、毛利輝元らと共に挙兵の準備を始めます。

そして、家康を倒すべく西軍は軍事行動を開始します。一方の家康はこの頃、各地の大名に何通も書状を書き、味方を少しでも増やそうとしています。この家康が書いた書状は、関ヶ原の戦い本番での「裏切り」に重要な役割を果たします。関ヶ原の戦いは、旧暦の9月15日に行われました。西軍が対家康のための軍事行動を開始したのは、7月中旬です。つまり、いきなり関ヶ原の戦いが起こったわけでなく、西軍の挙兵から2ヶ月間、各地で戦闘が断続的に続き、最終決戦の関ヶ原の戦いが起こったということになります。

西軍の挙兵

7月19日、毛利輝元が大坂城に入城し、西軍は丹後方面(現在の京都府、日本海側)に出撃、同時に家康方の武将鳥居元忠が守る伏見城へ攻撃を開始します。

一方東軍は、19日に秀忠が、21日に家康が江戸から会津に向けて出発しています。21日周辺に、家康の元に三成挙兵の知らせが入り、23日に家康は最上義光に対し、会津征伐のいったん中止を命じています。そして7月30日には、東軍の藤堂高虎が西進します。すでにこの時、同じ東軍の黒田長政、田中吉政は西へ向かっていました。

7月25日に小山評定が開かれ、会津征伐中止と軍を西に向けて三成を討つ事が決定した、とされていますが、小山評定が開かれた事を証明する一次資料が残っていません。が、26日にはかなりの数の軍が動き始めたとされています。

4つに分かれた東軍

東軍は、軍を4つに分け、そのうち3つの軍を西進させました。まずは、福島正則、黒田長政、藤堂高虎などの豊臣恩顧の大名中心の軍。この軍に家康直下の井伊直政が加わり、東軍の中では東海道を使って最も早く西進します。

そして、中山道を進む徳川秀忠らの軍。この軍は家康配下の武将が中心で、徳川軍の精鋭とも言える軍勢です。

西進した最後の軍勢は、9月1日に江戸を発した家康が直接指揮をとる軍勢です。この軍勢は秀忠軍に主力を抽出した後の兵であり、数は揃っているがそれほど強いというわけではなかったと言われています。そして、結城秀康が宇都宮で会津の上杉、北関東の佐竹を牽制していました。

この軍勢の分け方は戦略上のものと考えられますが、家康のリスクヘッジととらえる事もできます。成人した自分の息子達のうち、軍勢を率いる事のできる子供達を分散させているのです。宇都宮に結城秀康、中山道方面に徳川秀忠、東海道方面に松平忠吉、江戸には松平信吉。これによって、合戦で何かあったとしても、徳川の血が途絶えないようにしたのではないかと考えられています。

前哨戦が始まる

福島正則、黒田長政、池田輝政、井伊直政らの軍勢は、米野の戦い、竹ヶ鼻城の戦いの後、岐阜城を落城させます。この間、わずか2日間。あっという間の落城でした。

そして琵琶湖周辺では東軍に寝返った京極高次に、田辺城に立て籠もる細川幽斎に手こずります。兵力では当初西軍が有利でしたが、これらは三成にとって大誤算でした。西軍の軍勢のうち、京極高次攻撃に1万5千、細川幽斎攻撃に1万5千を割いたため、家康本隊が到着した東軍と戦力が拮抗してしまいます。

三成は戦略の見直しを迫られます。そこで三成配下の武将、島左近は9月14日杭瀬川で東軍に戦を仕掛けます。ここでは島左近の策が功を奏し、西軍が勝利を収めます。交通の要所である関ヶ原には、すでに西軍の武将が何人か陣を構えていました。

中山道、佐和山方面の押さえは大谷吉継ら、中山道から分岐し北陸方面へ向かう北国街道は島津勢が布陣。そして2つの街道に睨みが利く天満山には宇喜多秀家1万7千。これらの軍勢は、関ヶ原を押さえる事によって、近畿地方への東軍侵入を防ぐ事が目的でした。しかし、14日夜に東軍が行動を開始し、中山道を西進し始めます。

関ヶ原を突破されると、佐和山、京極高次との戦いが続いている大津を経由して京、大坂はすぐです。大垣城が関ヶ原への入り口を守っていたのですが、東軍本隊は大垣城を素通りして関ヶ原に向かいます。三成らは大垣城を出ると、関ヶ原に布陣します。

そして15日未明には東軍が関ヶ原に布陣し、東軍と西軍合わせて20万近くの兵が対峙します。

家康の誤算

西軍にとって、岐阜城陥落、大津城での京極高次の裏切り、田辺城の戦いの長期化は誤算でしたが、東軍にも誤算がありました。中山道を信州を経由して濃尾平野に向かう予定だった秀忠の軍勢が到着しないのです。

秀忠軍は上田城の真田昌幸、信繁親子に手こずり、家康の書状を受け取った後に急ぎ中山道を西に向かいますが、天候に恵まれず、9月15日にはまだ信濃の山中を行軍している状況でした。

家康は自らの天下取りに重要な合戦を、福島正則、黒田長政などの大名を主力とした外様勢中心の軍勢で臨まざるを得ませんでした。

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦いの記録は多いと思われがちですが、実は信頼性の高い一次史料は多くありません。

多くの歴史研究者は、関ヶ原の戦いを記した軍記物(聞き書きなどのために二次史料として扱われます)は、所々が矛盾しており、完全に正しいものはほとんどないと考えています。戦いの始まりの時間はほぼ共通しており、15日午前8時から10時頃とされています。

関ヶ原の合戦、各武将の配置

出典:Wikipedia

短時間での決着

ドラマなどでは、東軍、西軍の力が拮抗し、一進一退の攻防が続いているところに小早川軍の寝返りがあり、西軍が総崩れとなった、と描かれる事が多いのですが、事実は異なるようです。

戦闘開始後、小早川軍はすぐに松尾山から大谷吉継の陣へと攻め込んだというのが事実のようです。

この裏切りに呼応するように、赤座、小川、朽木などの武将が寝返り、大谷軍は総崩れ、影響は宇喜多軍、小西軍にも及び、短時間のうちに西軍は総崩れとなります。

戦いは午後2時頃に終わったとしている史料が多く、これだけの大軍が戦った割には短時間で決着がついています。戦死者は、西軍で8千から3万、東軍は4千から1万と、史料によってかなりばらついています。

裏切りが戦いの帰趨を決めた

前哨戦などを含めた関ヶ原の戦いは、裏切りが戦いの帰趨を決めたと言っても過言ではありません。家康は各大名へ書状を送るなどして調略を行い、何名もの武将を西軍から寝返らせました。

相良頼房
大垣城を守っていました。秋月種長らと共に東軍に寝返り、大垣城を守る他の武将を殺害しました。
稲葉貞通
西軍の犬山城を守っていましたが、城ごと東軍に寝返りました。
毛利広盛
西軍の竹ヶ鼻城二の丸を守備していましたが、東軍の福島正則に二の丸をすぐに明け渡しました。
京極高次
大谷吉継と共に北陸攻めに向かう途中、東軍に寝返り、大津城に立て籠もりました。これは家康殿と事前に打ち合わせていました。我々は西軍立花宗茂を大津城に釘付けにしたので、立花宗茂の軍勢1万5千は関ヶ原の戦いに参加できませんでした。
吉川広家
家康殿と打ち合わせ、南宮山に陣取り、毛利本隊の出撃を邪魔しました。西軍を裏切る条件として、毛利本家の存続を約束してもらいました。
小早川秀秋
迷いましたが、合戦の途中で東軍に寝返り、大谷吉継の陣に攻め込みました。私の裏切りをきっかけとして、赤座、小川、朽木、脇坂も東軍に寝返りました。

前哨戦での裏切りによって岐阜城などが予想よりも早く落ち、城を攻め合う戦いではなく、野戦に持ち込むことに家康は成功しました。これも家康が三成との戦いに勝った原因の一つと考えられています。

徳川軍は三河の時代から、城攻めよりも、平地などで軍勢がぶつかり合う野戦を得意としていました。逆に、秀吉は城攻めを得意としています。

まとめ

関ヶ原の戦いの後、天下の流れは一気に家康へ傾きます。この後、家康は征夷大将軍に任じられ、江戸に幕府を開きます。

西軍から寝返った武将のその後は様々です。小さな藩を与えられ、幕末まで続いた家もありますし、小早川秀秋のように、わずか2年後に急死し、取り潰された家もあります。

ほぼ天下を手中にした家康にとって、後は大坂城の豊臣家が問題でした。東軍で活躍した福島正則、黒田長政などは秀吉恩顧の武将で、いつ自分に弓を引くかわかりません。

関ヶ原の戦いは、天下分け目の戦いと言われている割にはあっさりと決着がつきました。この後、政治闘争が中心になり、家康は豊臣家の力を徐々に削いでいきます。そして15年後に起こった大坂の陣。この戦いでは豊臣方に関ヶ原の戦いをきっかけに領地を失った長宗我部盛親、真田信繁、毛利勝永らの武将達が大阪城に入り、徳川軍と激戦を繰り広げます。

関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 11 =