【斎藤道三】明智光秀や織田信長とは深~い関係が!?悲劇的な最期についても調べてみました

斎藤道山とは戦国時代に活躍した武将のことです。

もともと油売りの商人であった斎藤道三は武芸の達人となった後、土岐の守護代であった土岐頼芸に認められ仕えるようになりました。

しかし、その後、対立していた織田信秀と和睦をし織田信秀の息子である織田信長に娘・濃姫(帰蝶)を嫁がせると、主君である土岐頼芸に反旗を翻し美濃国の平定を成し遂げました。油売りの商人が美濃を支配した。典型的な下剋上の例ですね。美濃国を平定した斎藤道山ですが、その最期は息子・義龍と対立し戦死するという悲しい最期でした。

そんな経歴を持つ斎藤道山ですが実は明智光秀と織田信長との間に深ーい関係がありました。そこで今回は斎藤道山と明智光秀、織田信長の関係性、また斎藤道山の悲劇的な最期についてご紹介いたします。

斎藤道山の誕生

斎藤道山が誕生したのは

  • 明応3年(1494年)
  • 永正元年(1504年)

とされ、明確には分かっていません。

11歳の頃に京都にある妙覚寺で得度を受け僧侶となりましたが、学友であった日護房(南陽房)が現在の美濃国厚見郡今泉にある常在寺の住職となったため、これを機に斎藤道山は還俗し「松波庄五郎」と名乗り始めます。

油売り商人から武士となる

その後、詳しい時期などは分かっていませんが、油問屋の奈良屋又兵衛の娘を妻としたとされ斎藤道山は油屋の商人として「山崎屋」を名乗るようになりました。

油売りの商人として大活躍を見せた斎藤道山でしたが、その後武芸を磨きはじめ武芸の達人となりその後、本格的に武芸を磨き武士を目指し始めることとなります。

土岐頼芸に仕え始める

この斎藤道山の武芸の才能は美濃守護土岐氏小守護代であった長井長弘に認められ、斎藤道山は長井長弘の家臣として仕えるようになりました。

その後、土岐守護の次男・土岐頼芸にも才能を認められるようになり、斎藤道山は土岐頼芸に仕え始めます。

土岐頼芸を主君とした斎藤道山は土岐頼芸とその兄である土岐政頼の相続争いに介入し大永7年(1527年)8月、兄である土岐政頼を越後へと追いやると、この時まだ若かった主君・土岐頼芸を守護代とさせることができました。

守護代となった土岐頼芸は

土岐頼芸
斎藤道山の協力なしでは守護になれることはなかった。きっとこれからも斎藤道山の力が必要となってくるであろう!

と考えました。後に斎藤道山は主君・土岐頼芸を裏切り美濃を平定することなるのですが、この時からすでに一国の主になる力はあったのです。

主君・土岐頼芸の愛妾である深芳野を側室にする

後に裏切られるなど予想もしない主君・土岐頼芸は斎藤道山に対し褒美として享禄元年(1528年)、自身の愛妾であった深芳野を斎藤道山に側室として譲ります。

『美濃国諸家系譜』によると、この女性は約187cmもの身長があったとされ非常に美しい女性であったとされています。

側室との間に豊太丸(のちの斎藤義龍)が誕生するも

斎藤道山の側室となった翌年の大永7年(1527年)6月10日には斎藤道山との間に第一子となる豊太丸(のちの斎藤義龍)が誕生します。

斉藤義龍

斉藤義龍の肖像画出典画像:Wikipedia

一説によると、深芳野は斎藤道山の側室となる前から妊娠しており、誕生した豊太丸(のちの斎藤義龍)は斎藤道山との子供ではなく、主君・土岐頼芸との子供ではないかと考えられています。しかし、本当のところは今も分かっていません。ですが後に、斎藤道山と息子・斎藤義龍は対立関係に発展することなるのです。

明智光秀の叔母にあたる小見の方を正室に迎える

深芳野を主君・土岐頼芸から譲られ側室とした斎藤道山ですが、天文元年(1532年)になると小見の方と呼ばれる女性を正室に迎えます。

この小見の方と呼ばれる女性は江戸時代に編纂された『美濃国諸旧記』によると、明智光継の娘として誕生したとされ、明智光秀の父となる明智光綱を兄に持っていました。つまり小見の方にとって明智光秀は甥にあたるということです。

明智光秀

明智光秀の肖像画出典画像:Wikipedia

帰蝶(のちの濃姫)の誕生

天文4年(1535年)、斎藤道山と正室・小見の方との間に第一子である帰蝶(のちの濃姫)が誕生します。明智光秀を甥に持つ小見の方から誕生したので、帰蝶(濃姫)と明智光秀は従兄妹という関係になります。

その後の小見の方の史料はあまり残されておらず、天文20年(1551年)3月11日に肺病で亡くなったとされていますが、『言継卿記』によると永禄12年(1569年)8月1日、娘である帰蝶(濃姫)が織田信長に嫁いだ際、織田信長が小見の方に挨拶に訪れたといった記録が残されているため、永禄12年(1569年)8月1日までは存命していたということが分かります。

後に帰蝶(濃姫)が結婚する織田信長は従兄弟である明智光秀に裏切られ亡くなるのですから、なんとも複雑な関係性です。

濃姫の像

濃姫の象出典画像:Wikipedia

長井長弘を排除

斎藤道山は主君・土岐頼芸から信頼を受け急激に力を伸ばし始めていました。しかし、これに対し同じく土岐頼芸から信頼されていた長井長弘は不満を抱き始めます。

この不穏な雰囲気を察したのか斎藤道山は享禄3年(1530年)正月または天文2年(1533年)に長井長弘を排除し、長井長弘の城であった稲葉山城を居城とするのでした。

主君・土岐頼芸を裏切る

その後も力を持つようになった斎藤道山は天文10年(1541年)遂に、自身の主君である土岐頼芸を裏切る行為にでます。

主君・土岐頼芸の弟である土岐頼満を毒殺すると、これによって主君・土岐頼芸と対立関係となり天文11年(1542年)、土岐頼芸の居城である大桑城を襲撃し主君を尾張国へと追放するのでした。

こうして美濃の国主となった斎藤道山、まさに下剋上の典型的な例となります。

下剋上とは下位の者が守護代といった上位の者を倒し自ら国のトップとなることを意味しています。下剋上の例として斎藤道山の他に北条早雲が有名です。

娘・帰蝶(濃姫)を織田信長に嫁がせる

しかし斎藤道山によって追放された土器頼芸は尾張国の織田信秀(織田信長の父)を頼ると、先に追放されていた土岐頼純とも手を結び、美濃を侵攻し始めます。

天文16年(1547年)9月には織田信秀が斎藤道三の居城・稲葉山城に襲撃を仕掛けてくるなどしましたが、斎藤道山はこれを阻止することに成功しました。その後も土岐頼芸による侵攻が続けられましたが、斎藤道山は織田信秀と和睦を結び土岐頼芸との対立を終わらせようとします。

この和睦の際、自身の娘・帰蝶(濃姫)を織田信秀の息子である織田信長のもとに嫁がせたとされています。

織田信長織田信長の肖像画出典画像:Wikipedia

美濃国を平定

織田信秀と手を結んだ斎藤道山はこれを機に、自身に反逆していた相羽城主・長屋景興や揖斐城主・揖斐光親を滅ぼし、さらに天文21年(1552年)主君・土岐頼芸を尾張国へと追放しました。

これによって斎藤道山は完全に美濃国を支配することとなったのです。

明智光秀の生涯はなぞに包まれているため、明確な時期は分かっていませんが、正室・小見の方の甥である明智光秀が斎藤道山に美濃国を平定した頃から仕えていたとされています。

斎藤義龍との関係性

天文23年(1554年)になると斎藤道山は家督を息子・斎藤義龍に譲り出家します。家督を譲られた斎藤義龍とは側室・深芳野との間に誕生した子供です。もともと深芳野は土岐頼芸の愛妾で斎藤道山のもとに側室として迎えられる前から妊娠していたため、周囲は

周囲の人々
斎藤義龍は斎藤道山の子供ではなく、実は土岐頼芸の子供なのでは?

といった疑問を抱いていました。こうした疑問を誰かが斎藤義龍に

周囲の人
実は、父親は斎藤道山ではなく土岐頼芸なのだぞ

と吹き込んだのでしょう、斎藤義龍は本当に父親は斎藤道山なのか?と疑問を抱き始めます。現に、斎藤道山は斎藤義龍よりも弟である孫四郎や喜平次を可愛がっていたため、より一層、息子の斎藤義龍は自身の父親である斎藤道山を信じられなくなっていました。

もし、斎藤道山が自身の父親ではなく土岐頼芸が父親であるのならば、土岐頼芸を追放した斎藤道山を憎く感じるでしょう。「斎藤道山は実の父の仇」と考えていたかもしれません。このあたりの心情ははっきりとした記録が残されていないので、明確には分かりませんが、いずれにせよ斎藤義龍は不安な気持ちを抱えていたに違いありません。

1度家督を斎藤義龍に譲った斎藤道山でしたが、斎藤義龍との関係性にこじれが見せ始めたため

斎藤道山
やっぱり斎藤義龍に家督を譲るのはやめようかな…

と考え始めます。

斎藤道山の悲劇的な最期

ますます関係性は悪化となり、ついに斎藤義龍は弟である孫四郎や喜平次を殺害し、父親である斎藤道山に兵を挙げるのでした。

斎藤道山も斎藤義龍の挙兵に応じることとなりましたが、これまで主君を裏切り一国の主となったという経歴から斎藤道山に味方につくものは少なく17,500の兵を率いる息子の義龍に対し、2,500の兵で戦いに挑むのでした。この戦いは長良川の戦いと呼ばれ、長良川を挟んでの戦闘となりました。合戦時から圧倒的に兵力の差があったこの戦いは斎藤道山の敗北に終わり幕を閉じることとなります。

息子である斎藤義龍と対立し63歳で亡くなった斎藤道山。下剋上を成し遂げ美濃を平定するといった経歴を持っていましたがその最期は悲劇的なものでした。

長良川

長良川の写真出典画像:Wikipedia

まとめ

「美濃のマムシ」と呼ばれた斎藤道山は典型的な下剋上の例となる人物でした。

正室に迎えた明智光秀の叔母・小見の方との間に帰蝶(濃姫)が誕生しますが、後に帰蝶(濃姫)は織田信長の正室として嫁ぐこととなります。

しかし、その織田信長は帰蝶(濃姫)の従兄妹とされる明智光秀に裏切られ亡くなるのです。なんとも悲しい結末ですが、実の息子とされる斎藤義龍と対立となり63歳で亡くなった斎藤道山も悲しい最期といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − two =